にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
topimage

2018-02

【2018/1/20】片貝港 洋一丸 花鯛 - 2018.01.21 Sun

2017年の初釣りでずっこけた、片貝のハナダイ釣り。。。
今年もまるかつさんが仕立てを立ててくれたので、昨年のリベンジを意気込んで参加です(笑)経験的にはこういった時は、逆返り討ちにあうパターンが多いのですが、そう思いながら参加してしまう愚かな釣り馬鹿なんです(笑)
3時に本牧でかんこさん、あかべーさんと待ち合わせ。今回はオイラの車で片貝港を目指します。昨年も運転した記憶はあるのですが、道をぜんぜん覚えていない。。。貧弱な釣果と一緒に記憶が削除されたのか^^; 横浜からだと湾岸→東金→九十九里ってルートで1時間30分で到着です。途中、雨が降ってきて、釣り馬鹿でも冬の雨は嫌なんですよ。9時頃には止む予報になっているよ、自分達を慰めていたのですが、結局最後までポツポツと止むことは無かったですね。

DSCF8143.jpg 

洋一丸さんの船着場は港の一番奥。真っ暗な港の中なので、わかっていても探しずらい。実際、昨年も参加したメンバーでも2名ほど場所を間違えて迷子に。。。
まるかつさん仕立ての中でも人気メニューの片貝でのハナダイ仕立て。今年も14名エントリーしたようですが、2名が諸事情で欠席、12名での出船となりました。クジで席決め。。。オイラは左舷のトモから2番目、トモ側にかんこさん、ミヨシ側にスパ郎さん、うぞっさんの席順です。暗い中、準備が終わったら船室に入ってポイントまでのんびりです。洋一丸さんの船室、なんと電気ストーブがあるんです。だからあったかくて、オイラとあかべーさん、MIIKAさんと朝の5時から缶チュウハイで乾杯です(笑)もっとお酒を持ち込めば、ここで宴会出来そうだけど^^;

DSCF8144.jpg

【本日タックル】
・リール  SHIMANO 電動丸 400C
・竿    SHIMANO Light Game BB MH200 
・道糸   PE2号
・ビシ   FL60号 天秤仕掛け クッション1.5mm20cm
・仕掛け  針 チヌ2号 幹3号 3m ハリス2.5号 20cm 3本針
・エサ   船宿支給のオキアミ
     今回は、ウィリー仕掛け、保田用に作ったイシダイ用のカラー仕掛けなど多数持ち込みました。


前回、2016年の爆釣記事が頭の中にあり、ハナダイが釣れなくてもその内に釣れるだろうと思考を止めてしまい、何も考えずに同じことを作り返した釣りで最後まで釣れなかった。後になって、このことを結構悔いたので、今年は釣れなかったらいろいろと試そうと大量の仕掛けを持ち込んでます。もちろん、何も考えずにハナダイ君がバンバンつれる釣りをやれるほうが良いんですよ。まずは、ノーマルなハナダイ用に作った仕掛けでスタートです。

DSCF8145.jpg

最初のポイント、船長の指示は28-20mまでを探ってみてとのこと。ビシをいったん30mまで落として直ぐに2m巻いて、28mからシャクリ始めます。まずは、先々週のイシダイ釣りのシャクリで始めてみます。1m単位でソフトにシャクッて20m近辺で強めのアタリ。。。おっ、1投目からハナダイかと喜びましたが、引きは青物 ^^; 取り込むと、ワカシでした。次々と、仕掛けを入れてシャクリ始めると、27m程で鈍いあたり。。。あまり引かない、でも生体反応は在りし。。。上げてくるとメバルです。東京湾ではなかなか見れないサイズ、29cm。。。惜しい、後1cmで尺メバルだったのに。。。でも、これは嬉しいゲストだ。右舷側では、ハナダイがあがっているようなので、今年はいいんじゃないのって思いました。

DSCF8146.jpg 

最初の3投目くらいまでは生体反応も多く、良い感じだったんですが。。。直ぐに食い渋くなり、ポイント移動です。この時点では、今日は釣れると疑っていませんでしたが。。。なんか、アタリがなくなったんですけど(-_-;) 船長も丁寧にポイントを探ってくれるのですが、忘れた頃に、船のどこかでハナダイが上がる程度。。。マジか。。。今年もこの展開。。。どうも、魚探には反応が出ているようなのですが、魚が口を使ってくれない状況です。
釣れなかった時、今日はいろいろと悪あがきをすると準備していたので。。。まずは、仕掛けをハナダイ用のウィリーに変更。4投程シャクッテみましたが反応無し。。。ならばと、イサキ用の細ハリスのウィリーに変更。。。あいかわらず反応無し。ではと、イシダイ用に作ったカラー針仕掛けにオキアミを付けてやってみます。。。
20mまでシャクッテきた時に。。。ギュギュィーーン と竿が入りました (^O^)/ グングンと間違いなくハナダイの引き。ハリスを手繰り寄せて抜き上げようと見るとデカイ。。。かんこさんにタモでとってもらい無事に取り込みました。なんと39cmのハナダイです。よっし、今日はカラー針が良いのかと、次も意気込んで投入しますが。。。偶然つれただけのようでした(笑)

DSCF8147.jpg

この後も、イサキ用のカラー針に変えたり、シャクリの幅、スピードといろいろとやって見ましたが、今日は全く駄目。。。お魚の反応が全くでした。まぁ~それでも、いろいろと試したからハナダイ君が釣れたってことにしときます。船中、4-0尾。。。左舷は坊主も出てしまった撃沈丸でした。
最近、調子良かったんだけどな~(笑)ちなみに2017年度の撃沈釣行を見直してみると、1月の洋一丸ハナダイ、8月の椿丸のカツオでした。2017年は調子良かったてことだな(笑)

DSCF8148.jpg 

【本日の釣果】
・ハナダイ(1)   39センチ
・メバル(1)  29センチ
・ワカシ(1)  

DSC_4132.jpg 

起き上がり後に頂いた、ハマグリのスープ。。。これはゲキ旨。。。冷えた心と体に染み渡る旨さです。

DSC_4133.jpg

そして、安定した美味しさのラーメン。みなでワイワイと食べて解散です。
来年こそはリベンジ。。。どうなっていることやら (^^♪

【乗船代+コマセ代】
 11,000円 
 
交通費 3,900円(3人で1人) 

今日は星1つってことで  ★☆☆

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記



スポンサーサイト

【2018/01/07】保田港 国丸 石鯛 - 2018.01.13 Sat

新年明けましておめでとうございます。
更新の遅いブログですが、本年もよろしくお願いします。

2018年 初釣りです。
以前から気になっていた、内房のイシダイ釣り。イシダイは毎年剣崎の利一丸のイシダイ五目の仕立てに参加させてもらっています。イシダイの強烈な引き込みは釣りとしても楽しいし、食べても美味しいお魚。。。そのイシダイを40号ビシのライトタックル、ウィリー仕掛けで狙うという釣り。釣友が何人も釣りに行き、釣行記を読んでは機会があれば行きたいと思っていた釣りです。

DSC_4108.jpg 

今回もマルソータさんからお声をかけて頂き、保田港の国丸さんにお世話になりました。

DSC_4104.jpg
(帰港後に撮影)

6:30港集合のため、3:15にオイラの家を出発。保田港には6:00前に到着しました。保田港は、館山道を降りてから下道の距離が短いので、横浜方面からは行き易いですね。
しかし、この日はアクアラインで即制限が出るほど風が強い。保田港についても風がビュービューふいて寒い(-_-;)出来れば、このまま帰りたい気分です。でも、続々と人が集まってくるので出船するんでしょうね。ほどなく、女将さんが登場。港で受付が始まります。覚悟を決めて(笑)カッパに着替え船に乗り込みます。本日は、右舷トモからハリバットさん、マルソータさん、オイラ、前に2人で片舷5人です。3-4mのウィリー仕掛けを扱うので、これくらいの人数がありがたいですね。

DSC_4092.jpg

港からポイントまで20ー30分でしょうか。暗いし、初めての港なのでどのアタリを走っているのかわかりませんでしたが、あたりが明るくなってくると真沖で近い場所ですね。船長の合図で釣り開始です。最初のポイントで船長からは35-25mをシャクルように指示が出ます。最初は、カラー針の4本仕掛け。下からオキアミ、イカタンを交互につけて始めます。剣崎ではエサ取が煩いのですが、2回ほど道具を入れ替えましたがエサも取られず生体反応がありません^^;

DSC_4095.jpg 

【本日のタックル】
・リール  SHIMANO 電動丸 400C
・竿    
SHIMANO Light Game BB MH200
・道糸   PE2号
・ビシ   40号 天秤仕掛け クッション1.5mm20cm
・仕掛け  幹3号 3.0m ハリス15cm 2.5号 
      オキアミチヌ(カラー針 白、ケイムラ) 3号 4本針

辺りが明るくなり始めると、周りでイシダイがあがり始めます。ハリバットさん、マルソータさんが続いてイシダイを取り込みます。。。しか~~~し、オイラにはアタリ無し。。。久しぶりの40号ビシでのシャクリが自分でもしっくり来ません。これはまずいパターンで、一日シャクリがしっくり来ないとど貧果に終わってしまうパターン。隣の人が快調に釣っているのでシャクリを見ていると、オイラよりシャクリが優しい(笑)鯛系のウィリーだと仕掛けを躍らせるイメージがあり、結構強めにシャクッテいたのですが、剣崎イサキのシャクリに近い感じです。本当かよ~っと思いながらまねしてやってみると、あら。。。不思議、直ぐに1尾目が釣れました。ここからは、仕掛けを入れるたびにアタリが出て、釣れるのですが、型が小さい。手のひらサイズ!もうちょっとサイズが欲しいな。

そうそう、今回は新しい竿の入魂。。。40-80号あたりのこの手の釣りで使える竿として、シマノさんのLIGHT GAME BBを購入。長さは2mでちょうど良いのですが、40号でのシャクリだとちょっと硬いかも。40号だとfulafulaの方が良いかな。オイラの感覚なので人によって違うと思いますが。

DSC_4094.jpg

出航前、出たくないと思うほど風が強かったのですが、海上に出てみると強いですが釣りが出来ないほどでもない。遠くに富士山も綺麗に見えて、気分は爽快です。

DSC_4096.jpg

快調にイシダイが釣れるのですが、シマダイサイズはイカ短ばかりを食ってきます。エサ取りも多くなってきたので、オキアミだとエサが持ちません。白のカラー針に0.5-1.5mmのイカ短で良く釣れます。

DSC_4097.jpg

お隣のマルソータさん。。。たまに良型も釣り快調飛ばしてる感じです。

DSC_4098.jpg

エサ取の正体は、カワハギ、ベラ、キタマクラなどなど。。。イシダイ以外で唯一持ち帰った22cmのカワハギ。綺麗な肝も入っており、肝醤油でのお刺身が美味しかったです。

DSC_4099.jpg

前半、それなりに強かった風も後半はだんだんと凪てきて、良い釣り日和となりました。はじめから、凪ならもっと釣り易かったんだけどな。

DSC_4102.jpg

後半のポイントは、ちょっと深くなって45-35m。下まで落としすぎるとエサ取りが煩いので42mあたりからシャクリます。また、少し大きいのが欲しいので、イカ短とオキアミは交互に着けます。大きいのはオキアミの方が釣れる気がします。(オイラの経験だけなので正解かどうかはしりませんが)何投か入れ替えていると42mアタリでガツンと竿を止められ、なかなか鋭い突っ込みで楽しませてくれます。慎重に上げてくると、30cmくらいの型の良いイシダイ君が釣れました。食ってきたのはやっぱりオキアミでしよ。このポイントで同じような良型を2尾追加し、お刺身サイズ3尾確保で今日はもう良いかなって感じですね。

DSC_4100.jpg

バケツの中に入れるとサイズの違いが良くわかりますよね。

DSC_4103.jpg

天気良く、風も収まったので房総の景色がとっても綺麗です。

DSC_4101.jpg 

なんか隠し撮りのような構図ですが(笑)船長とマルソータさん。。。
船中
イシダイ 3~20枚(サイズ不明)。。。マルソータさん20枚!
メジナ、ウマズラ、カワハギ、など少々交じる

DSC_4105.jpg

【本日の釣果】
・イシダイ(19)   30センチ 600グラムサイズが3枚
・カワハギ(3) チビ2リリース  
その他、ベラ、キタマクラ

【乗船代+コマセ代】
 9,000円 
 オキアミとイカ短は持参(船で販売してません)
 交通費 4,000円 

今日は星3つってことで  ★★★

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記

【2017/12/30】江見港 新栄丸 甘鯛 - 2018.01.02 Tue

2017年度納竿釣行のブログが新年明けの更新になってしまいましたm(__)m

年度末、釣友のマルソータさんと何を釣りに行くのか相談していましたが12/30はどこの宿も混むよね。どこか穴場的なところは無いかなぁ~。。。一度はめんどくさくなりかけて、行くのやめようかって話にもなりかけたんだけど。。。そこは釣り馬鹿二人。。。マルソータさんがしっかり穴場の宿を探して予約してくれていました。釣りものは甘鯛に決定!

DSC_4066.jpg 

オイラは12/29まで仕事。30日、朝早くだと気合を入れないとと思ってましたが、予想外の午後船(笑)そう、江見港の午後甘鯛船を予約してくれました。オイラの家は8:30出発。。。おっ仕事に行くより遅いじゃん。天気も良いし、遠足気分で盛り上がります。

DSCF8122.jpg

普段は夜中に通過するベイブリッジ!今日は景色が綺麗。オイラは助手席なので、はしゃいで写真をパチパチと(笑)それにしても、さすが横浜ですね。景色がとっても綺麗。こんな綺麗な場所を、普段はいつも夜中に通過していたのかと、少しもったいない気分です。

DSCF8123.jpg

年甲斐も無く、はしゃいで写真を撮りまくり (^O^)/
横浜から、2時間ほどで江見港に到着です。途中、大きな渋滞も無く快適なドライブ。。。おっさん二人ですが(笑)

DSC_4061.jpg 

港に少し早く着いたので、途中で購入したサンドウィッチを食べながら遠足気分が盛り上がりますね。なんだか、今からカッパに着替えて船に乗る気分ではないです。

DSC_4060.jpg 

景色も綺麗。。。このままビール飲んで温泉につかって、夜御前を食べたい気分ですよ。港をのんびりと散策していると、本日ご一緒するさるちゃんと、まりこさんが到着。今日は、4人で午後船を貸切のようです。港におかみさんも登場して、午前船が港に帰ってきます。午前船のお客さんを降ろして、船の掃除でもするのかと思っていたのですが、お客さんが降りたら直ぐに乗るように指示されます。

DSCF8125.jpg 

左舷、マルソータさん、マリコさん、オイラ。右舷 さるちゃんの変則陣容で準備開始。。。と思ったら直ぐに出向 ^^; 午前船のイサキ船で使った船内のものもそのままで出航です。
ここの船長、とにかく乗船したお客さんに魚を釣らせたい熱意が凄いです。船内を片付けている暇があれば、釣りする時間を確保してくれたようです。ありがたい船長ですね。

DSCF8124.jpg

【本日のタックル】
・リール  SHIMANO ForceMaster 1000
・竿    DAIWA A-Grip Nerai 2.4m
・道糸   PE3号
・オモリ  80号 天秤仕掛け
・仕掛け  幹4号 2.5m ハリス 3号 オキアミチヌ 4号 2本針

港で購入したオキアミを着けて、船長の合図で釣り開始です。
最初のポイントは、90mだち。。。着底後、1m上げて上針が底すれすれ、下針は底に這わせるイメージで釣ります。すると、直ぐにアタリがあり、タイミングを合わせてあわせを入れるとグングンと乗りました。慎重に巻き上げますが、記憶に残っているアマダイの引きではないですね。あがってきたのは、40センチの巨大なウマヅラ!

DSCF8127.jpg

仕掛けを入れれば、何かしらのアタリがあります。ビッビッビッビッって微妙なアタリの時はホウボウ。大きさもさまざまで20センチクラスから40センチ近いものまで。。。クウィンクウィンクウィンっとくれば、キダイ。今日はキダイが元気で大きさも大小さまざまですが、とにかくキダイにエサを食わせないで、どうやってほかの魚を釣るかって感じですね(笑)もちろん、キダイも酢漬けが旨いので嬉しいゲストなんですけどね。今日は甘鯛が欲しいのだ ^^;

DSCF8126.jpg

天気も良いし、気分最高ですね!

DSCF8132.jpg

ホウボウ、キダイの猛攻。。。タナを低めにするとベラなんかも食ってきます。アタリがあって楽しいのだが、本命のアマダイが釣れる気配がしない ^^; どうするべか(笑)やはり、タナを上げるとキダイがうるさいので低めのタナで、エサをあまり動かさないで我慢して釣る作戦が良いかな。それでもホウボウがうるさいのだが。。。我慢して3投目くらいだったかな。。。。

着底後、タナを取った瞬間にグゥズッズッズッ。。。表現が難しいが明らかにホウボウでもキダイでも無いあたり。。。慎重に竿を持ち上げるとグングングンと確かな重量感。。。アマダイっぽいひきだと思いながら核心がもてない(笑)それでも、まりこさんにタモをお願いして慎重に上げてくると水面にピンクっぽい細長いシルエット!!!よっし。。。アマダイ (^O^)/

DSCF8130.jpg

1本目。。。家で計ったら43センチの良型。。。よし、今日はこれで十分って1本です (^^)v

DSCF8129.jpg

その後も、タナ低めの釣り。刺身に出来そうな良型のホウボウ!とにかくアタリが多いので釣りが雑にならないように。。。おっ。。。またまたアマダイっぽいアタリ!慎重に上げて来て2本目。これも40センチの良方です。

DSCF8133.jpg

もぉ~今日はこれで十分。後はのんびり釣るのと、他の人にもアマダイを釣ってもらわないとね。

521f3ce4c3576f295a3f5cfe488e1d5b.jpg

まりこさんにむかって、ドヤ顔で写真をとってもらいました。我ながら嬉しそうな顔してますね(笑)

DSCF8137.jpg

ちょっとピンボケしてますが、この後はキダイの猛攻(笑)

DSCF8134.jpg

だんだんと日が傾いてきます。なんだか、たっぷり遊んだ感満載ですね。

DSCF8136.jpg

この後は、お隣のまりこさんが、48センチのオオアマ、マルソータさんも40センチクラスのアマダイを釣り、船中数は出ませんでしたが型の良いアマダイが多数で良い釣りになりました。

DSCF8135.jpg

船長も日が沈む4:30までたっぷりと流してくれましたので、納竿釣行でたっぷりと釣りをさせてもらった感じです。いやぁ~今日は本当に遊んだ、遊んだって感じですよ!最近、満足感の高い釣りが多いのですが、今日は満足感+遊んだ感の高い★5つ位の釣行でした。

3f7e39753cced0d94969714fc38d110b.jpg

まりこさんが釣ったオオアマ。。。アップなので本人の許可ももらってないので顔はぼかしときました。いい顔しているので、もったいないのですが(笑)

RIMG4981.jpg
【船宿hpより。。。】
みんな良い顔してますね、マルソータさん、さるちゃん、まりこさん。。。ありがとうございました。また、わいわいと釣りしましょう!楽しかったね。。。

DSCF8138.jpg

【本日の釣果】
・アマダイ(3)   43,41,38センチ
・キダイ(16) チビで元気なの3つリリース  
・ホウボウ(12) 4つ?リリース
・ウマズラ(1) 44センチ
・カイワリ(1)
・ガンゾウビラメ(1)
・ベラ(4) 全てリリース

【乗船代+コマセ代】
 8,000円 + オキアミ400円
 交通費 3,500円 

今日は星3つってことで  ★★★

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記

【2017/12/22】金沢八景 あさなぎ丸 真鯛  - 2017.12.27 Wed

数年前までは年度末恒例の赤い魚獲得釣行に行っていたのだが、ここ数年は。。。昨年は確か、太刀魚釣りに行ったような気がする。しかも、以前は一番釣行回数が多かった、東京湾のコマセマダイ。前回はいつだろう?なんと2013年12月以来行っていないことが判明した。ってことなので、正月の赤い魚+東京湾のコマセマダイってことで、マダイの定宿、八景のあさなぎ丸さんにお世話になることにした。

DSCF8117.jpg

東京湾のコマセマダイと言えば、坊主覚悟の釣行。しかも、4年のブランクがあると本当に釣れるのだろうか ^^; かなりの不安を抱えながら、自分の過去の釣行記を読み返しながら宿に向かった。
最近のマダイ、特に久里浜沖のコマセマダイは好調な様子で、トップ5〜6枚釣れることも珍しくないようだ。オイラの知っている頃からすると天国のような数字。不安と期待を胸に、本日の釣りの開始です。そうそう、席は左舷6人中真ん中。つまり胴の間。。。今日の潮だとトモ側が良いと思ったのだが真ん中しか空いていなかったので仕方ないな(笑)

【本日のタックル】
・リール  SHIMANO ForceMaster 1000
・竿    DAIWA A-Grip Yuinn 2.7m 
・道糸   PE3号
・ビシ   80号
・仕掛け  マダイ 3号8mのグレ針8号 1本針


DSCF8103.jpg

八景から30分ほど走り、久里浜沖のポイントに到着。船長の合図で釣り開始!しかし、8mもの長ハリスを扱うのは久しぶりだ。船長の指示ダナは、40m前後。。。ってことは48mまでビシを沈めて2回コマセを振ってから40mのセット!2回ほどやってみたけど、まったくアタリ無し (~_~;)

DSCF8104.jpg

トモ有利の潮と思っていたのだが、なんだかミヨシ側に流れている。。。って思ったらミヨシの釣り人がバンバン当たってますよ。。。あっというまに3尾ほど釣ってるし。。。そうこうしているうちにオイラの左隣の方がマダイを当てました。貴重なマダイなので慎重にタモ取します。そして、少しお話すると、みなさんハリス10mでやっているらしい。。。そっか。。。上からのタナ取なのでハリス2mの差は大きいかも。オイラもハリスを2m足して10mに変更です。
そして投入。。。コマセを振ってタナにセット。。。グビィン。。。おっ、久しぶりのマダイのあたり。。。だと思う(笑)丁寧に水面まで浮かせてお隣の方がタモ取りしてくれました。やったぁ~久々の久里浜天然マダイ、800g程度かな、正月の祝い鯛にジャストサイズかな。そしてもう一度入れ直すと直ぐにアタリ。。。今度は重量感があるのでさっきよりサイズアップしているはず。タモに入ったマダイ。。。後で軽量すると1.3キロ (^^)v 久里浜では立派なサイズですね。うれしい~

DSCF8106.jpg

近くで、金沢漁港の人気のお宿が流してました。思ったほど人乗ってなかったなぁ~(笑)

DSCF8105.jpg 

今日は船団が出来ている幹事ではなく、それぞれの船の船長さんのポイントで釣っていた感じですね。オイラは久しぶりのコマセマダイですが、ポツポツとあたりもありとっても楽しい釣りになりました。しかし、4年前はハリス6mくらいでやっていた気がするから、だんだん長くなっている感じですね。

DSCF8107.jpg

今日の左舷胴の間は日陰 (-_-;) そぉ~寒いんです。コマセをタナにせっとしたら、少しミヨシ側に移動して太陽が当たり位置であたりを観察(笑)太陽があたるだけで随分と暖かいですね。冬の釣り座の選択にも、重要な要素かもしれませんね。

DSCF8108.jpg

ポツポツマダイがあたり、良い感じです!

DSCF8109.jpg

久しぶりのコマセマダイ。。。ビシもFL80が標準になってますね¥。

DSCF8111.jpg

時間も過ぎ、残り30分で船長から移動するとのアナウンス。オイラ的には十分に釣れていたので、もうお腹いっぱいって感じだったんですけど、釣り人の欲の深さ(笑)新しいポイントに着くと、しっかりと仕掛けを投入します(笑)すると過ぎに、ぐぅーーーん、グングン。。。よさげなアタリなんですが、きっとあいつら(笑) そーなんです。予想とおりイナダクンのダブル。。。イナダも沢山いらないんだけどね。釣れた3尾をキーープ!

DSCF8113.jpg

はい、今日はとっても満足な感じの足ですね(笑)

DSCF8112.jpg

【本日の釣果】
・マダイ(7)   300gのリリース、大きいの1.3キロ
・イナダ(3)  1.3〜1.4キロ 
・マサバ(1)

【乗船代+コマセ代】
10,500円   

DSCF8114.jpg

イナダ君!

DSCF8115.jpg

このサバがうまかった。。。

DSCF8116.jpg

マダイ様、いつみても綺麗な魚ですね!

DSCF8118.jpg


今日は星3つってことで  ★★★

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記

【2017/12/01】松輪 間口港 利一丸 石鯛五目  - 2017.12.12 Tue

またまた釣行記のアップが遅くなってます。12月飲み会も多いため帰宅も遅く、土日も色々と予定が詰まっており記事を書く時間が(>_<)
っと言い訳から入りましたが、12月は年に一度の石鯛仕立ての季節です。この時期の剣崎の石鯛は食べて美味しく、釣って楽しい本当に楽しみな釣りの一つなんです。昨年はなんか手が合わず苦戦。。。石鯛2枚しか釣れなかったんです。なので、今年は自分の2〜3年分の釣行記を読んで予習してきました(笑)

DSCF8074.jpg 

剣崎間口港に6時集合。前日も飲み会でしたが、剣崎は家からも近いので楽ですね。本日の同行者6名が集合し、幹事のマルソータさん作成クジで席決めです。オイラは右舷トモ。右舷は真ん中ニノちゃん、ミヨシがマルソータさんです。
左舷 ミヨシからポンタさん、すずきんさん、かんこさんです。

DSCF8076.jpg 

竿入れの協定時間まで、ポイント近くで待機。朝焼けが綺麗ですね。毎年、この仕立ては風、波など なかなかハードなコンディションが多いのですが、今日も風も無く珍しく凪ですね。幹事様情報では、前日まで良型の石鯛が釣れており魚の食いは良いとのこと。こうなってくると、昨日までは良かったのに、今日は凪だおれだねってオチにだけはならないことを祈るのみですね(笑)

DSCF8075.jpg

【本日タックル】
・リール  電動丸 400C
・竿    DAIWA A-Grip Nerai 2.4m
・道糸   PE2号
・ビシ   FL80号 天秤仕掛け
・仕掛け  針 グレ8号 ハリス4号 3.5m 2本針


毎年、代わり映えしないタックルですが、PEを2号に巻き変えています。妄想あれこれと、真鯛仕掛け、ワラサ仕掛け、ウィリー仕掛けなど仕掛けはいっぱい持ってきましたけどね(笑)

船長の合図で魚釣り開始です。タナは35m〜25mの間を船長が流し変えるたびに指示してくれます。1投目、35mから1m幅で大きく誘ってくると。。。2シャクリ目でガツンと竿が止められてグングン引いてくれます \( ˆoˆ )/  やったぁ〜1投目から型の良い石鯛だと確信して丁寧に巻き上げます。ニノちゃんにタモをお願いしてハリスを手繰ると。。。イナダ君でした(笑)ニノちゃんもタモ取り失敗して(笑)バラしです。まぁ〜本命ではないし、1投目だしこれから、これから!

そうこうしていると、お隣のニノちゃんが本命。オイラも小さいながら本命をゲットです。いつもそなんですが、エサ取りが多いです。ビシ窓の調整で、船長の指示タナ(10mくらいかな)を2回くらい通してオキアミが少し残ってい位の調整が良いかな。誘い幅は、竿を海面から頭の上まで1.5mくらい。エサ取りに餌を取られないスピード。。。これが難しい難しいんだけど、石鯛が餌を追いかけるスピードって言うんでしょうか(笑)ビシ窓、誘い幅、スピード!この3点がしっくりこないと釣れないし、釣れないとアタリが欲しくなりコマセを沢山まく釣りになっちゃって、外道、青もののオンパレードになっちゃう。わかっちゃいるけど、難しいんだな(笑)

DSCF8077.jpg

今日は早い時間帯に誘いの中で石鯛が食ってくるタイミングがわかったので、終日楽に釣りが出来ました。それでも、エサ取りが多くて、誘いを少し早くしてみると、全く石鯛のアタリも無くなったり。。。途中、イナダのオンパレードになったりと一筋縄では行きません。

DSCF8078.jpg

前半は、潮が早くて釣りずらかったのですが、後半は潮も緩んでアタリも多く楽しい釣りになりました。後半のお邪魔虫は。。。石鯛とよく似たアタリ、引きで喜んで慎重にあげてくると。。。アイゴちゃん(笑)この魚、ヒレに毒があり、食べると磯臭いとの評判。結局、良型を7尾釣りましたが、全てリリース。その合間に良型の石鯛も混じったので贅沢は言えませんけどね。

DSCF8080.jpg

本日一番の石鯛。家に帰ってから軽量したら950gでした。もう少しdえ1キロだったんだけどね。今回はこのクラスが4枚混じったので満足!満足!

DSCF8081.jpg


b74a097a8071cef7e2c86b8ef2a629bc.jpg 

船宿さんから拝借した写真。。。もう少し良い顔すれば良いのにと。。。何時も思います(笑)

a932e25e35fa7907b2a3daab9e69e973.jpg 

幹事のマルソータさんは、3キロオーバーの真鯛様をゲット!

DSCF8083.jpg

今回もイナダ君が元気でした。

DSCF8084.jpg

【本日の釣果】
・イシダイ(11)   手のひらサイズ〜850✖️2、900、950g
・イナダ(4)  1.2〜1.5キロ 
・イラ(1)
・ショゴ(1)
・アイゴ(7)  全てリリース
・その他外道軍団 ベラ、カスミダイ、ネンブツダイ・・・

マルソータさん、毎年の幹事ご苦労様+ありがとうございました。
同船の皆様、ありがとうございました。

【乗船代+コマセ代】
10,600円   

DSCF8085.jpg

石鯛様の写真。。。なかなか凛々しいですね!

DSCF8086.jpg


今日は星3つってことで  ★★★

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

たー坊水産

Author:たー坊水産
横浜在住の週末アングラーです。
お気軽にコメント下さい。(本編の方に)
http://tabosuisan.asablo.jp/blog/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
鯛 (26)
鬼笠子 (15)
河豚 (16)
甘鯛 (14)
鱚 (10)
丸烏賊 (15)
鶏魚 (11)
赤鯥 (15)
鯵 (13)
平目 (5)
石持 (6)
槍烏賊 (6)
黄鰭・鰹 (7)
赤魳 (4)
アラ (4)
太刀魚 (5)
黒鯥 (3)
金目鯛 (2)
石鯛 (7)
稚鰤 (5)
貝割 (4)
赤魚鯛・目抜 (2)
鱸 (1)
真羽太 (1)
縞鯵 (1)
LT五目 (1)
LT深場 (2)
穴子 (1)
鯖 (1)
皮剥 (2)
ウィリー五目 (1)
沙魚 (1)
目張 (1)
泳がせ (1)
遠征釣り (1)
花鯛 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード