にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
topimage

2017-04

【2017/03/25】江見港 新栄丸 鶏魚 - 2017.04.09 Sun

随分前から、何度計画された江見のイサキ五目!

計画されるたびに・・・

雪予報で江見方面の有料道路が凍結しそうおなので中止!

風・波予報が悪いので中止!

ご一緒する予定のマルソータさん体調悪くて中止!

などなど、何故か今まで縁がなく行けなかった江見方面の釣り(笑)

やっと釣り人の予定、体調、天気もがあって出撃する事が出来ました (^o^)/


マルソータさんに3時に迎えに来ていただいて、房総江見方面を目指します。

房総半島の中を走っている時は、さほど風を感じなかったのですが、

港に着いてみると・・・結構吹いていますね (^^;


20170325_002 


本日お世話になるのは、南房総 江見港 しん栄丸さんです。

本日の乗船者は、613人、宿のシステムは仲間同士の代表がクジを引き

好きな場所に仲間単位で入るようです。

我々二人は、クジ3番目だったので、左舷ミヨシから並びました。


事前にマルソータさんから、とにかく船長が口うるさし・・・おっと

親切にあれやこれやとマイクで指示してくれるので、話半分に聞いてと(笑)

名物船長のマイクアナウンスも楽しみ、船に乗り込みます。


20170325_003 


【本日タックル】
・リール  電動丸 400C
・竿    DAIWA A-Grip Nerai 2.4m
・道糸   PE2号
・ビシ   FL8¥60号 天秤仕掛け
・仕掛け  イサキ 船宿仕掛け ハリス2号 4.3m 枝ス25㎝ 4本針

      アマダイ ハリス3号 2.5m 2本針

・エサ   オキアミ、バイオベイト


20170325_011 


早速、釣り座の準備を開始しますが、船長のマイクが唸りをあげます(笑)

キーパーの付ける位置、なぜその位置にキーパーを付けるのか。

船べりにつけてある磁石の使い方、ビシの窓の開け具合・・・

確かに親切ですね。マイクで何かを喋っていないと駄目なタイプなんでしょう(笑)

イサキの取り込み方から、仕掛け裁きまで、マイクでうるさく言われると

うざったくなるでしょうね(笑)

幸い、この日は初心者っぽい人達がいて、我々が船長の目にとまることは無かったです。


20170325_004 


それでは、実釣です。 

船長の合図でいざイサキ五目釣りの開始です。


ポイントは航程20分ほどの真沖40mだち。

ポイントについて船を風に向けると、思った以上に風が強いです。

細・長ハリスの4本針なので風が強いと、扱いがとっても大変 (~_~;)

ちょっと気を抜く、手を抜くとしっかり手前祭りになるのでとても気を使います。

慎重に仕掛けを投入、船長指示のタナまでビシを沈めて、

1m間隔で2度ビシを振ってからステイします。


ビビッ。。。ビッビッ。。。キュイーン


心地よい引きです。ゆっくり電動をオンし巻き上げて、ハリスを持ってから取り込み。

型の良いイサキが下から2番目の針についてます。

ここが大事で、イサキを針から外す時に、仕掛けと絡まないように。。。

風が無いとそんなに大変でもないのですが、ハリスが風が舞って予想外のとこに行くので

直ぐに手前祭り地獄になります。おまけに寒いので思うように手先が動きません。

イサキの活性は高く、旨く誘えば2,3尾と型の良いイサキが付いてきます。

慎重に針からはずのだけど、ハリスが風に舞って何度か手前祭りに (~_~;)

それでも、30cm前後のイサキが順調につれるので、桶は次第に満タンになってきました。


20170325_005 


しばらく、このポイントで流していたんだけど、イサキも程よく釣れたので

船長のアナウンスでアマダイ五目のポイントに行くようです。

事前にアマダイ狙いは聞いていたので、アマダイ仕掛けにチェンジ。。。

ビジも80号のオモリに変更します。

最初のポイントは90m前後、いつものアマダイ釣りの要領でオモリ着底後、誘いを入れますが・・・

う~ん。。。潮が速くて、底を取ってからもう一度底立ちを取ろうと思うと5m程糸が出ます。

こりゃ~駄目だ。。。。頑張って二度目の底立ちを取った時にアタリが・・・

竿に乗せるようにあわせを入れて慎重に巻き上げます。。。でも引きは無いな。。。

本命のアマダイではなく、ホウボウでした。お隣のマルソータさんはレンコ。

しかし、私からともの方にかけてはお祭り騒ぎです(笑)

そりゃ~これだけ潮が速いと慣れてないと対処出来ないよね。

この状況を見た船長、イサキのポイントにUターンを決めました(笑)


20170325_009 


こんな感じで、イサキは活性高く、型も良いので房総イサキを十分堪能できました。

ちょっと期待していたアマダイ五目が残念な結果に。。。

こればっかりは仕方ないので、また次の機会に期待ですね (^^♪


20170325_010 


【本日の釣果】
・イサキ(35) 20~35cm

・ホウボウ(1) 

実釣時間 6:00-11:00

【乗船代】
船代 10,500円 


20170325_007 

20170325_008 

今日は星3つってことで  ★★★


お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記








スポンサーサイト

【2017/03/19】新安浦港 こうゆう丸 目張 - 2017.03.23 Thu

この三連休、所用があり釣りはいけないなと思っていたのだが、

中日の日曜日、午後から時間が空いたでは無いか。。。

ゆっくりしていたも良かったのだが、天気も良いことだし、

何よりも海は凪・・・気持ちは海の上ですよ(笑)

ならば、何を釣りに行こうか。。。今年はせっかく東京湾の近くに

済んでいるのだから、東京湾の釣り物を楽しもうと思い直しています。

年末のタチウオ、年が明けてからスズキ、イシモチ。。。

気になっていたのは春告魚ことメバルさん。

東京湾奥や、八景周辺、横須賀の猿島あたりでは黒メバルが釣れます。

よし、メバルを釣りに行こう (⌒▽⌒)

湾奥や八景周辺はモエビをエサで釣るエビメバル。

佐島の方には、イワシで大型メバルを狙うイワシメバルなんて釣りも。

選択は午後船なので、新安浦港 こうゆう丸さんにお世話になることにしました。


20170319_003 


この辺りでは、猿島周辺のポイントでサビキを使ってメバルを狙う釣り方です。

78年前、ブログも書いていない頃に一度だけ釣りに行った記憶があります。

その時は、たいして釣りの経験もなったオイラでも2030尾ほど釣れたはずです。

あまり印象に残っていないため、苦労せずに釣れたのでしょう。

釣りに行く前は、もちろん軽い気持ちで、釣れ過ぎたら捌くのが大変。。。

次の日も1日外出予定なので、程々にしておこうなどなめてました(笑)


こうゆう丸さんは予約が必要無いため(混雑している日は予約優先らしいですが)

11時過ぎに自宅を出発、下道でも30分ほどで新安浦港に到着しました。

受付を済ませて、車を駐車場に置いて軽食を食べて乗船開始ですを待ちます。

船長が午前船後の船の掃除したら乗船可能、午後船は5人だったので余裕の座席。

オイラは左舷オオドモに入らせて頂きました。


20170319_004 


今日は日差しが暖かくて、準備が終わってからも船の上でのんびり。

本当に気持ちが良いですね。久しぶりの新安浦港の景色など写真を撮りながら

まったりとした時間が流れます。これが癒しの時間ですよ(笑)

定刻の13時に河岸払いです。


20170319_005 


【本日のタックル】

・リール  daiwa Its ICV 150R PE1.5

・竿    AlbaTross Fulafula 180ML

・オモリ  30号 胴突き仕掛け

・仕掛け  船宿のサビキ仕掛け ↓


20170319_001 


このサビキ仕掛けが独特ですよね。白と緑のフィルムを小魚のように

針に付けてあります。何度か、和歌山で鯛サビキをやった事あるのですが、

同じくピンクのフィルムが針に付けてあったのと似ています

サビキの釣り方としては、そこまで仕掛けを下ろして一定の速度で巻く。

当たりが無ければ、また底まで仕掛けを下ろして巻く。。。この繰り返し。


20170319_008 


港を出て20分ほど、猿島沖の30m立ちのポイントに到着しました。

船長の合図でスタート魚釣りです。

まずは、底まで仕掛けを下ろして一定の速度で10m程巻きます。

当たりが無かったので底まで仕掛けを下ろして・・・

コツン・・・そっと合わせると弱々しい魚信が。。。

丁寧に巻き上げると、マイクロカサゴちゃんが下針についてました(笑)

ここからが長い沈黙の開始。。。

基本の釣り方をやっていてもアタリが全くありません。

たまに小アジサビキに反応してアジが釣れるくらい。

周りも釣れている気配が無い。。。

むっむ。。。サビキメバルってどうやって釣るんだ???

ここからが試行錯誤の開始です。

何人か常連さんの釣りを見ていると、マルイカのようにタタキをいれている。

マジか、ならばと底だちとりタタキを入れてみる・・・

すっと誘いあげると・・・キュンキュンと中々のアタリ (^o^)/

慎重に慎重に巻き上げると、本日一の24センチの黒メバルです。


20170319_006 


いや~ここまで1時間、全然メバルが釣れていなかったので嬉しかった(笑)


同じように、底でタタキを入れて誘いあげると、そして落とす。。

なんかマルイカみたいな釣りになってきたけど、たまに当たるんだな。

それでも1時間に3尾程のペース。。。

相変わらず、マイクロカサゴや豆アジ、マメトラギスなどの外道も釣れます。


20170319_007 


あまりにアタリが無いため、船長は港前に移動です。

ここでもアタリがありません (^^;

船長はも我慢強く流してくれますが、釣れるのは豆アジ。。。

オイラもゆっくりした誘いや、早い誘いなど試して見ますが全く駄目。

後で船長に聞いたのですが、潮が全然流れておらず、

上げ潮が来るのを持っていたようです。前日は、上げ潮で少し釣れたみたい

この日は最後まで、上げ潮も来る事なく船中皆んなで大撃沈 (////)

船中 18    Σ('⌓◉’)


20170319_009 


いや~サビキメバル、なめて行くと痛い目見ますね(笑)

前回釣り過ぎたら、丁度辻褄があったのかな~。


20170319_020 


【本日の釣果】

・黒メバル(8) 1324cm

・アジ(6) 1220cm

・カサゴ(8) 1012cm 全てリリース

・トラギス(2) 10 全てリリース

実釣時間 13001620


20170319_010 


【乗船代】

6,000円 氷 100円 駐車場代 500  サビキ仕掛け400円(1組)

割引き 500  


今日は星1つってことで  ★☆☆



お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。

以下のurlからお戻り下さいね。


金沢八景発 坊主釣行記

【2017/03/04】金沢漁港 鴨下丸 石持 - 2017.03.10 Fri

週末、夕方まで時間が空いたので近場から釣りに釣りに行ってきました。
何を釣りに行こうか?
候補としては、アジ、メバル、イシモチです。
メバルはまだまだ様子が分からないのでパス。。。
アジは沢山釣れているようですが、型が小さそなのでパス。
イシモチは数も釣れ ているし、薩摩揚げも食べたいので決定(笑)

20170304_006 
【薩摩揚げのもと(笑)】

ってことで、金沢漁港 の鴨下丸さんにお世話になりました。
出船は7時20分、6時30分到着を目指して6時15分に出発 (^.^)
いやぁ〜この近さは本当に魅力的です。

20170304_003 
【魚眼レンズで】

宿に着いて受付を済ませ、女将さんに予約人数を聞いたところ6人程だと。
この人数なら席はどこでもいいやと船にクーラーを置きに行きます。
しかし、船に行ってみると。。。みなさん。。。気合い入ってますね(笑)
トモ側の方々は電動2本竿がズラリ・・・ ( ̄◇ ̄;)
オイラ、忙しいのは嫌いなのでのんびりと手巻き1本竿です。
結局、左舷のミヨシ2番に入りました。ミヨシは単独釣行のおねーさん。
左隣は船長が竿を出すとのことです。
釣りが始まると、このおねーさんが凄い調子でイシモチを釣るんです(笑)
つられてオイラも一生懸命釣ってしまいましたよ σ(^_^;)
しかし、イシモチ釣りは久しぶりなので、イソメってどれ位の長さで付けるんだっけ?
分からないことは船長に聞きましょう。。。長すぎないのは1本まるまるで良いと。

【本日のタックル】
・リール  daiwa Its ICV 150R PE1.5号
・竿    AlbaTross Fulafula 180ML
・オモリ  30号 胴突き仕掛け
・仕掛け  幹糸 1.5号 全長1.5m 枝30cm 針金ムツ9号 3本針
・エサ   イソメ



20170304_004 

定刻の7時20分を少し過ぎて河岸払いです。
海は凪なんですが、思ったより風が冷たいです。
ポカポカ陽気でのんびりと釣りをしたいと思っていた思惑は外れました。
シーパラを横目に、船はイシモチポイントを目指します。
住友ドッグを抜けて、赤塔前?って言うんだっけ。。。行程20分程です。
20170304_001 

ポイントに着いて、船長の合図でお魚釣りの開始です。
3本針にアオイソメを付けるんだけど、久々に触ったので針に刺すのが一苦労です(笑)
タオルで滑りをとって、軽く頭側を持って刺せば簡単なんだけど、
ついつい力が入ってしまい。。。ちょっと苦戦。。。すぐに慣れましたけど。
オイラがアオイソメと仲良くしている間に、ミヨシのおねーさんは
早々にイシモチを釣ってました。釣った後、針を外して血抜きまでも手際が良い。
イシモチ釣り、結構慣れれた人なんでしょうね。
お隣でそんなにポンポン釣られると、オイラも一生懸命釣りますよ。
水深は30m前後、おもり着底後、ベタ底気味で僅かに誘ってやるとあたります。
重量感たっぷりのイシモチがコンスタントに釣れるので楽しです。

20170304_005 

ミヨシのおねーさんのペースに離されないように(笑)頑張ります。
そうこうしている内に、食いが落ちてきました。
今度は、オモリを底につけて、ゼロテン気味にテンションを緩めて
仕掛けとイソメを潮の流れに一瞬乗せてやり聞きあげるとかかります(笑)
この瞬間はおねーさんより、オイラの方がペース良かったかな。

20170304_008 
【イシモチの血抜き。。。これをちゃんとやると刺身も旨い】

基本的には、活性高くて釣れるんだけど、ちょこちょこと当たりがが出る
パターンが変わる。ダブルもあり、順調に数が伸びて行きます。
お昼前には、50尾を超えてしまいました。
こうなってくると、釣り自体にも飽きてしまい(笑)雑になります。
オモリが底トントン、置き竿気味でも釣れたりするんだな。
っで、12時30分を超えた頃には60尾突破。。。
まずい、このまま釣りすぎると捌くのが大変( ̄◇ ̄;)
この頃から、多少南風が強くなって来て、海もバチャバチャして来ました。

20170304_009 

釣れすぎるとやばいって思っていたら、あら 不思議。。。
今度はどんなに誘っても当たりが出なくなりました。
でも、隣で船長は置き竿で釣ってるんだな、ミヨシのおねーさんも!
1時間位、集中力も無くなっていたし、そもそも釣りすぎるとやばいと
思いながら釣っていたんだけど、あまりに釣れていないオイラを
船長も見兼ねたのかな(笑) 今はエサ動かさない方が当たりあるよと!

ラジャー。。。せっかくアドバイスもらったので最後は少し釣りました。
結果、68尾。
30尾釣れたらいいなぁ〜と思っていたので大漁です (⌒▽⌒)
20170304_011 
【鴨下丸さんのHPから拝借】

ちなみに船中トップは、ミヨシのおねーさんで77尾!
さすがですね、手際も良かったしね。オイラは2番手だったかな。
楽しい釣りでした。鴨下丸さん、船長 ありがとうございました。

帰りに、宿からのお土産。。。生ワカメを頂きました。
これこれ、美味しいんですよ。食べるの楽しみだね (^o^)/

20170304_010 

【本日の釣果】
・イシモチ(68) 18~33cm

・アジ(7) 17~21cm
実釣時間 7:20-14:00

20170304_007 


【乗船代】
仕立て 7,500円 氷 200円 駐車場代 300円?だっけ



今日は星3つってことで  ★★★


お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記

【2017/02/18】横浜本牧港 長崎屋 鱸 - 2017.02.26 Sun

今年度2戦目。。。
初釣りで鉄板だと思っていたハナダイがでずっこけてから、
中々次の釣りに行けていませんでした。
そんな中、釣友のマルソータさんが、ルアースズキに行くとのこと。
オイラも便乗させてもらうことにしました。
その昔、琵琶湖でバス釣りにはまっていたこともありルアーに抵抗はありません。
海釣りに転向してからは、6年程前にタチウオのジギング、
夏場のライトルアーをやった記憶があります。
さてさて道具は何処かな。。。ジギング用のロッド、PE1号を巻いたリール。。。
そうだ、リールは正月に購入したミリオネアが眠ったままだった。
ジグも60、80、100gと8本程ありました。ジグも流行りがあるようで
最近の流行りの色を2、3本購入し、これで準備万端でしょうか(笑)

今回お世話になるのは、本牧の長崎屋さん。。。
20170218_010 

家からは夜だと20分程、7時前に港に集合なので6時過ぎに家を出て楽勝です。

20170218_009 

港に到着すると、マルソータさん、ピカコさん、ニノちゃんが

20170218_005 

既に準備万端で談笑モードでした。
おいらも急いで準備し、ソルトルアー先輩の方々に本日の展開を聞きます。
はじめは赤金ルアーが鉄板のようなので、赤金の80gをチョイス。

20170218_006 

出船は8時とのこと。。。準備も十分に時間があるので、
天気も良く、ゆっくりとした時間が流れます。

20170218_008 

ここ一年は仕事も忙しかったので、このまったりした時間は嬉しいですね。

20170218_004 

【本日のタックル】
・リール  DAIWA ミリオネア100 PE 1号
・竿    BlueBlaze 632ML 
・リーダー 4号
・ジグ   60g~80g

20170218_007 

定刻の8時過ぎに出船です。
今日は右舷8人、左舷は上乗りさん、ミヨシに1人。余裕の釣り座ですね。

20170218_014 

20分程走って、最初のポイント扇島沖に到着します。

20170218_013 

海の上の建造物周りですね。シーバスのポイントっぽいです(笑)

20170218_012 
水深は18m。。。フォール中に当たりが出るとか。。。
3投目、ジグをフォール中フワッと糸ふけが出ます。
キュン。。。合わせを入れるとグンと重みが乗ります。
急いでもう一度合わせを入れながらリールはを巻きます。
グングンと魚信が伝わり、完全にフッキングしたようです。
初めての1尾目なので、慎重に大胆に巻きながら、50㎝程のフッコクラス。
ジグで釣った初めての獲物なので、十分に満足なサイズですね。

20170218_019 

早い時間に1尾釣れたので、気持ちは随分と楽ですね(笑)

20170218_011 

そその後は、バースから木更津沖を転々とし、大きな貨物船周りを攻めます。

20170218_018 

おいらもシーバス釣りに慣れてきたので、障害物周りにキャストしたり

20170218_017 

少しジグの動かし方に変化をつけてみたりと楽しみながら釣りが出来ました。

20170218_002 

20170218_020 

当たりが少なくなったら、ジグのの色を変えてみたり、周りの人は
ジグの種類(バランスの位置)を変えてみたりしていました。
おいらは種類を持っていなかったので、色を変える程度でしたが。。。

20170218_016 

当たりも多く、シーバスも沢山釣れましたので満足の釣行となりました。
今回学んだことといえば。。。
・リールに巻いているPEが1号、0.8号と細いため、軽い根掛かりなどで
    切れる確率が高いこと→リーダーとのラインシステムを船上で作らないと
    いけない。風がある船上だと慣れないと作りづらい ( ̄◇ ̄;)
・ジグをキャストする時、慣れていないとバッククラッシュを起こすしやすい。
    PEが太いと問題にならないけど、細いので対処を間違えると大変(笑)
今回も根掛かりや2回、魚にPEを切られたのが1回。。。
船上で苦労してラインシステムを結びなおしました(笑)

 20170218_003

【マルソータさんの魚をタモとりする前にポーズしたら魚ばれました^^;】

マルソータさん、ピカコさん、ニノちゃん 楽しい時間ありがとうございました。
ルアーももう少し、足を深く入れてみようかな (^.^)

20170218_001 

【本日の釣果】
・スズキ(15) 35~62cm


20170218_023 

【乗船代】
仕立て 9,500円 だったかな????



今日は星3つってことで  ★★★


お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記


【2017/1/8】片貝港 洋一丸 花鯛 - 2017.01.28 Sat

2017年度の初釣りは。。。

20170108_004

2016年度にまるかつさん仕立てに追加された釣りもの・・・
片貝の洋一丸」さんのハナダイ釣りです。

20170108_009

昨年は仕事が忙しく釣りどころではなかったので
随分と後になって、皆さんのブログで爆釣を知ったのでした。
当然、今年は狙ってました (^^♪
新年早々の赤いお魚の爆釣をね(笑)

20170108_002

右舷:今やん、スパ郎さん、MIKKAさん、しおどめさん、りえぽんさん、うぞっさん
左舷:すずきんさん、まるかつさん、かんこさん、ポン太さん、たー坊

本日参加の皆様は、私とすずきんさんを除いては昨年の爆釣経験者!
今年はオイラも仲間に入れてもらおうと35リッタークーラーを持ち込みまし^^;

20170108_001

【本日タックル】
・リール  電動丸 400C
・竿    AlbaTross Fulafula 180
・道糸   PE2号
・ビシ   FL60号 天秤仕掛け
・仕掛け  針 チヌ2号 幹3号 2m ハリス2.5号 20cm 3本針
・エサ   船宿支給のオキアミ
 一応、ウィリー仕掛けも用意しましたが使いませんでした。


ここからはあまり各内容なし(笑)
河岸払い後、ポイントに付くまで40分ほど。

ポイントについて、船長の合図で釣り開始です!
「28~18mで探ってみて下さい」

20170108_003

船長の指示ダナまでビシを落としてシャクリ始めます。
竿先を下に下げて、ユックリと頭上にくるまで2m幅で・・・
イメージとしては、年末に苦労したイシダイのしゃくりです。

20170108_008

さぁ~どこでグイグイと来るのかなぁ~っと期待してしゃくりますが・・・
いっこうにお魚の気配がありません。
まわりもあたっている気配なし ^^;

正直言って、この時点ではどのポイントで当たり始めるのか。。。
昨年の爆釣記事が頭にインプットされているため、アタリが出ないことは
魚がいない、もしくは活性が低く、そのうちお魚さんの機嫌も良くなり
ウハウハと釣れるようになるだろう程度しか考えていませんでした。

結局、この日はハナダイさんの活性低く、最後までこんな感じ。
1時間たってもアタリがなかなかでないので、流石にシャクリ方は
早くしてみたり、幅を小さくしてみたりとか変えてみましたが、
期待感とのギャップが大きすぎて、戦意喪失です (~_~;)
釣りは仮説と検証の繰り返し。。。
思考をとめると駄目ですね、もちろんお魚のご機嫌がよく
何も考えずに爆釣出来るときもありますけど ^^;

20170108_005


途中、一流し 船中バタバタと釣れた時にオイラも釣れましたが、
その後は静かなものでした。。。
左舷では、ポンタさんがひたすら丁寧に釣りをされ5尾。
シャクリの幅は下から頭上まで大きめ、速度はゆっくり、タメは長く。
右舷では、MIKKAさんが針の大きさを変えたり奮闘されていたようです。
(後でブログを見て知りました)

船中 0~5 (ToT)/~~~

新年初釣りは、気温も釣果もお寒い兆候となってしまいました。
宿で頂いたラーメンが体にも心にもしみましたね~(笑)

20170108_010


【本日の釣果】
・ハナダイ(1) 34cm


20170108_006

【乗船代】
仕立て 9,500円 だったかな????


貴重な1尾は大事に食べました (^^)v

20170108_007
アラ煮

20170108_017

少し〆た刺身

 

今日は星1つってことで  ★☆☆


お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記  

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

たー坊水産

Author:たー坊水産
横浜在住の週末アングラーです。
お気軽にコメント下さい。(本編の方に)
http://tabosuisan.asablo.jp/blog/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
鯛 (25)
鬼笠子 (15)
河豚 (16)
甘鯛 (13)
鱚 (10)
丸烏賊 (12)
鶏魚 (10)
赤鯥 (13)
鯵 (12)
平目 (5)
石持 (6)
槍烏賊 (6)
黄鰭・鰹 (6)
赤魳 (4)
アラ (4)
太刀魚 (3)
黒鯥 (3)
金目鯛 (2)
石鯛 (5)
稚鰤 (4)
貝割 (4)
赤魚鯛・目抜 (2)
鱸 (1)
真羽太 (1)
縞鯵 (1)
LT五目 (1)
LT深場 (2)
穴子 (1)
鯖 (1)
皮剥 (1)
ウィリー五目 (1)
沙魚 (1)
目張 (1)
泳がせ (1)
遠征釣り (1)
花鯛 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード