にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
FC2ブログ
topimage

2019-11

【2019/09/17】葉山鐙摺港 与兵衛丸 黄鰭・鰹  - 2019.09.23 Mon

今年は久しぶりにカツオが食いたいと、8/3に解禁直後の椿丸仕立てに参戦。。。しかしカツオがコマセに反応する前で当たりなく撃沈。。。通常ならまた来年となるのだが、今年は何故かカツオが食いたい(笑)ってことで、8/19に茅ヶ崎の一俊丸さんから単独参戦。なんとか1尾はものにしたのだが、3打数1安打と釣り的には物足りない。その上に久しぶりに食べた釣りカツオ。。。本当に旨い(^^♪ 子供達にも瞬殺され、なんとかもう一度カツオ釣りへと虎視眈々とチャンスを狙っていた。
そんな中、分散して取っている夏休みが3連休明けに続けて取れそうだ。気持ちは既に相模湾(笑)っで、どこから参戦しようかと考えていたのだが・・・初めてカツオを釣らせてもらった葉山鐙摺港の与兵衛丸さん。。。最近、ツイッターでカツオに参戦している様子がわかり、久しぶりに行ってみよう!結果、これが大正解なんだけどね。

DSCF8917.jpg

葉山方面といえば、小坪港にはちょくちょくいくんだけど鐙摺港は久しぶり。カツオ、キハダの時期は殺気立った人達で混んでいるイメージがあり避けていた。今回もマルイカ、カツオ・キハダ、デカアマで人気のお宿は熱い熱気でムンムンな感じでした。オイラはもう少しゆるりと釣りしたい感じ(笑)もちろん、3連休明けの平日ってこともあるのでしょうが、すこしリラックスした感じでの出向ですね。家からは、下道で25分。6時出船なので、5時ころ到着を目指せばよかったんだけど、目が覚めたので4時に出発。。。4:30には鐙摺港に到着(笑)ゆっくりと準備が出来ました。

DSCF8918.jpg

今回の本命は本カツオ。。。なんとか2本ゲットしたいと思い準備します。首尾よくカツオがゲット出来ればキハダを狙おうと準備はしっかりとしてきています。葉山の夜明けを眺めながら出船です。出船前に船長に作戦を伺うと、まずは一番ブイに直行するとのこと。カツオ君、ご機嫌よく遊んでね (^^♪

DSCF8921.jpg

【本日のタックル】
・リール  OCEA JIGGER 5000P
・竿    DAIWA GOUIN BULL HH190 
・道糸   PE8号
・ビシ   80号
・仕掛け  カツオ 18号 3m 針 メジ・カツオ 14号
      キハダ 24号 4.5m 針 ヒラマサ 17号 
・付けエサ オキアミ 宿支給

DSCF8922.jpg

港から1時間ほど走って1番ブイに到着。。。既にカツオとやり取りしている船もあって釣れる感じがするじゃん(^^♪ 今日は左舷の前。。。船長の指示だなは15m、元気良く投入です。1投目は空振り。。。しかし右舷では当たってると。おいらも急いで投入。。。ブルブルブル。。。ズキューーン。。。。人数少ないのでお祭りの心配もなくやり取りできます。船長がタモ取りしてくれて、あっさりと1尾目を確保 (^^♪
その後、2尾目もすぐに確保。。。カツオって釣れる時はこんなもんだよね。しばらくして3尾目も確保 (^^)/


DSCF8923.jpg

今日の一番ブイはすごい船団が出来ているわけではありませんでした。各ブイに船が分散しているのでしょうか。見ている範囲で6~7隻くらいででしょうか。各船、順調にどこかであたっている感じでしたね。

DSCF8924.jpg

結局、朝の1時間30分ほどでカツオを4尾確保。。。予想以上の出来です。さてどうしたものかと思案していると、船長がマグロやるって (*^^*) もちろん、やりますよ。ってことで、仕掛けもチェンジ。。。棚を35m~40mに変更。。。。そんな簡単にあたらないだろうとお握りに食べ始めた時。。。ズジュキューーーン 竿が入りました。慌てずに糸を出して止まった時に合わせを入れようと、お握りをほったらかして臨戦態勢!。。。。。。しかし、止まることなくプツっとハリスが切れてしまった (-_-メ)

DSCF8925.jpg

やっぱり、手持ちであたりがあった時に針を口元に出すように合わせを入れないと駄目だね。わかっていたのだが、そんな直ぐに当たると思っていなかったので油断していた。少しもファイト出来ずに本当に悔しい!油断したオイラが悪いのだが。

DSCF8926.jpg

その後、船中で3度あたりがあり、右舷トモの人が16号で30キロ弱のマグロを仕留めた。今回は近くでやり取りをずっと見させてもらったので、やり取りの仕方が良く分かった。それでも、あれだけのやり取りをできるのだろうか。特にオイラは手巻きリールだしね。まずは筋トレからやらないといけないかも('Д')

DSCF8927.jpg

近くでは、コマセ解禁直後にお世話になった椿丸がやっていた。たまにカツオは釣れていた感じだったかな。

DSCF8928.jpg

カツオは大満足な結果!3キロ前後の型揃いで帰りに車までクーラーを運ぶのが大変だったよ。そうそう、なぜか気合を入れて75リットルクーラーを持っていったので釣れて本当に良かった(笑)
与兵衛丸の船長さん、本当に良い船長だ。カツオを釣らせてくれてありがとう。。。船長!


IMG_20190917_162047.jpg

【本日の釣果】
・本カツオ(4) 2.8㎏~3.3


IMG_20190917_200724.jpg

久しぶりにさばくカツオに四苦八苦(笑)

IMG_20190917_181108.jpg


【乗船代】
12,500円 

【交通費】
一人だったので計算してませんが、鐙摺港は家から下道で25分と近いことが判明(笑) 

今日は星3つってことで  ★★★

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記

スポンサーサイト



【2019/09/14】波崎港 仁徳丸 赤鯥  - 2019.09.16 Mon

台風の時期恒例の寒猫でのアカムツ釣り。毎年、まるかつさんが9月、10月と2回仕立てを企画してくれます。今年は早々に2回とも参加を決定。子供達にもアカムツ料理は大人気なので、前日の夜に釣りの準備をしていると、沢山釣ってきてとプレッシャーが凄いのです^^;
今回の横浜チーム。。。すずきんさん、かんこさんと川崎で待ち合わせ、すずきん号で波崎を目指します。前日、睡眠を失敗し殆ど眠れていなかったので、既に睡魔が襲ってきます。それでも、何年も恒例のアカムツ釣りなので、過去の話から今日の期待で話が盛り上がります。今日は風が強いみたいなのでミヨシは避けたいよね。。。そんなこと言っていたらミヨシを引きますよ(笑)って感じです。

DSCF8912.jpg

港に到着し、既に準備OKの人から受付を済ませ、まるかつさん特性のくじ引きで席決めです。さっきの車中での会話を思い出して下さい。右舷ミヨシ→すずきんさん、2番→かんこさん、そして左舷ミヨシ→オイラ (^^)v 横浜組3人で船のミヨシを独占です。。。こんな独占はいらいのですが。
そういえば、先月の孝栄でのオニも、右舷ミヨシからすずきんさん、オイラ、左舷ミヨシがかんこさんだったような(笑)なんともくじ運が強いようですね。
なにわともあれ頑張りましょう。寒猫までの航程1時間ちょいは、船室で爆睡ですよ。

DSCF8913.jpg

【本日のタックル】
・リール  SHIMANO ForceMaster 1000
・竿    SHIMANO LIGHT GAME CI4 TYPE82 H190 
・道糸   PE3号
・オモリ  120号
・仕掛け  道糸8号 枝間 150cm 胴つき2本針 
      ハリス 5号 60cm ホタ針17号
      捨て糸 5号 100cm
      (今回も水中ランプは使用せず。。。)
・エサ   船宿支給 ホタルイカ  サバ短(宿で購入)


エンジンがスローダウンし、寒猫のポイントに到着です。外に出てみると、風はそれ程強くないのですが、横から?ななめから入ってくるうねりが凄くて立っているのが結構大変。おまけにミヨシ側は船の上下が凄いですね。予想どうりですけど。船長の合図で釣り開始です。最初のポイント110メートル前後。いつもはショッカー軍団に邪魔されて底まで仕掛けを届かせるのが大変なのですが、今日はショッカー軍団は出張中なのか、すんなりと着底。船の上下が大きいので、オモリを底に付け気味のゼロテンに近い状態での釣り方で始めてみます。早々に後ろでリールの巻上げ音。。。左舷ではまるかつさんがダブルと着々とアカムツが船内に取り込まれます。うーーーん、オイラにはそもそもアタリが無いのですが。。。焦る気持ちを抑えて丁寧に底を取っていると。。。ブルブルブル。。。グッ。。。とアタリがあり聞き上げると乗りました。一度合わせを入れてから巻き上げ開始。じゃっかん軽いので型は小さいかと思いますが最初の1尾なので丁寧に巻き上げます。残り30メートルでプンっという感触で軽くなったような。。。嫌な予感ですが最後まで巻き上げると。。。案の定、アカムツ君は逃走したようでた ガクッ (-_-;)  気を取り直して仕掛け投入。すると良いアタリ。今度はばらさないよと船の上下を竿でいなしながら巻き上げてきます。水面に赤い魚影???あれっ、赤くないけど。。。良型のメバルでした。これはこれで嬉しいゲストなんですけど、まずは本命がつれないと気分的によろしくないですよ。

DSCF8915.jpg
【32cmのウスメバル】

遠くの方にアカムツを狙っている船が2,3隻。。。相変わらずうねりは酷いですが、何とか立って釣りが出来る感じです。周りはどんどんアカムツをゲットしていくし、お隣のいとうちゃんは順調に釣っているので気持ちが焦ります。

DSCF8914.jpg

気持ちが焦ると、誘いを入れすぎ、結果それが良くないことにつながることが多いし、今日は誘いを入れなくても船が動くので兎に角我慢の釣り(笑)エサを安定させることに気持ちを集中させます。そんな中、弱弱しいアタリ。。。合わせたい気持ちを我慢して。。。もう一度ブルって感じのあたりで聞き上げ、重みが乗ってからあわせをいれます。定期的にグングンとひき、これは本命のアタリを確信します。今度こそばれないでね(笑)なんとか無事にアカムツ君ゲットです。27センチと東京湾サイズですが、贅沢は言ってられません。

DSCF8916.jpg

その後もあたりはあるのですが、巻き上げ途中でばれること2回 (+_+) ホタ針を使っていたのですが、船長からはあたった時にしっかりあわせないとホタ針はかかりが浅いよと言われました。今までは、今日ほどばれることもなかったのですが次回への課題ですね。釣りのほうは、辛うじて1尾追加して2尾で終了。最後に良い当たり。。。本命と確信して巻き上げましたが、またもや20m付近でばれた感じ。まいったなぁ~ (-_-メ)

IMG_20190915_072129.jpg

アカムツ君も、もう少しサイズがあればメバルと合わせてお土産ばっちりだったのですが、少々サイズが小さかったです。最近、良い釣りが続いていたのですが今回はちょっと不完全燃焼ですね。

IMG_20190914_142211.jpg

帰りはいつものラーメン屋さんへ。釣りで刺激が無かったので・・・いやいや辛い刺激を求めて辛みそネギラーメンを頂きました。

【乗船代】
13,500円 (サンスポ大会費1,000円含む)

【交通費】
3,800円 3人割勘(パーキング代含む) 

今日は星2つってことで  ★★☆

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記

【2019/08/24】稲取港 安貞丸 鬼笠子 & 赤羽太  - 2019.08.29 Thu

昨年度の夏、稲取でアカムツの模様が良くないので、急遽幹事様が考えてくれたメニュー…中深場で鬼カサゴを狙って、浅場に移ってアカハタを狙うパターン。実際にやて見ると、浅場の根魚が楽しい釣り物でした。来年もまたやりましょうってことで、幹事様が今年も仕立ててくれました。横浜からはすずきんさんと稲取も目指します。オイラ宅に2時に来てもらい、4時30分集合を目指して海岸線を走ります。慣れた道なのですが、自分の車で運転するのは久しぶりです。

DSCF8893.jpg

港には4時30分を少しまわって到着。オイラの運転がゆっくり過ぎた(笑)港に到着すると、まるかつさん、しどちゃん、船長まで準備万端です。慌てて荷物を降ろして準備、まるかつさんお手製のクジで座席決め。出来れば後ろが良いのですが、右舷の前でした。
右舷前オイラ、後ろすずきんさん、左舷前まるかつさん、後ろシドちゃん
乗り込んだらすぐに河岸払いです。今日はポツポツと雨がぱらつく予定ですが、暑いのでカッパは着ていません。酷くなったら着るかな。

DSCF8891.jpg

【本日のタックル】
・リール   SHIMANO ForceMaster 3000
・竿     DEEP GLORIA 100
・道糸    PE4号
・オモリ   150号
・仕掛け   ハリス8号 2.5m ムツ19号の天秤3本針
・エサ    サバ短、カツオの皮、イカ短



DSCF8900.jpg

今回は新しいオモチャの投入です。前回、大原での中深場の釣り。オモリ200号で使用していた竿のガイドが金属疲労で壊れてしまいました。っで、150から250号位の釣りに使える竿を探していたところ。。。価格も手頃、オモリ200号を背負った時のしなりも良い感じ、はい購入って感じです。グラスのワンピース竿で仕舞寸法は長いのですが、いつも車のオイラには関係なし。今日は150号なのですが、使ってみたくて持ってきました。150号でも十分にしなってくれるので使いやすいです。若干、グラスな分重くて、1日持っていると疲れるかもとは思いました。150号なら、シマノのcl4で良いかもね。さらに今日は特エサを持ち込み。先日釣れた、相模湾のカツオの皮を持ってきました。ヒラヒラと鬼ちゃんの気をひくこと間違いなし。一番上針にセットですよ。
っで、港から20分ほどの120mだちでスタート!オモリ着底後、竿の調子を試しながら底をトレースすると。。。コッコンっとアタリが。まだ食い込んだ感無く(アタリが弱かったので)10センチほど糸を送り込みじっと待ちの我慢の子(笑)もう一度、クンっとアタリがあったので、ゆっくりと聞きあげると、グングンと本命っぽいアタリ。えっ、マジ ( ^∀^)まだ1投目だけど。。。慎重に上げてくると1.2キロの鬼カサゴちゃんでした。かかったのは、一番上に針。。。そうです、カツオの皮で釣れました(笑)今日は幸先が良いなと思ったのですが、ここから潮目が悪くて苦戦します。

DSCF8894.jpg

上潮は速いのですが、底は動いていないみたい。船長が一生懸命に糸を立てようと操船してくれるのですが、釣っている方からは前に行ったり後ろに行ったり。。。おまけにお祭りも頻発し大苦戦。それでも、しつこくやっているとアヤメカサゴ。ちょっと小ぶりですが。

DSCF8895.jpg

その後も、アヤメ、小さめのカンコなど根魚は釣れますが、とにかく潮目が悪くて釣りづらい(笑)

DSCF8896.jpg

我慢してやっていると次は鬼を含むダブル。。。なんか最初のアタリは弱々しかったんだよね。その後にカツカツと明確なアタリ。こっちは鬼かな。

DSCF8897.jpg

新しい竿も十分に入魂できましたね。150号の鬼釣りだと、少しパワーがありすぎるかな。でも、潮が速い外房だと、これくらいの方が釣りやすいかなってかんじです。

DSCF8899.jpg

今日は薄曇りで、暑過ぎず釣りの天候としては過ごしやすいですね。心配した雨も、ポツポツきたけど、カッパを着るほどは降らなかったしね。
底をしつこく探っていると、クンクンと明確なアタリ。聞きあげると生体反応が明確で、巻き上げ途中もクンクンと首を振る。あれっ、なんかカサゴ系の引きじゃないなって思っていたら。。。なんとイネゴチでした。昔、熊本の天草でテンヤ釣りをやった時、カサゴに混じって釣った経験があります。この魚、不用意に頭を掴むと、頭に結構な棘?のようなものがあり、指の腹手痛く切った記憶が蘇りました。今回は、そんなヘマはしません。
風も強くなってきたので、一旦浅場に行くことになりました。潮目が良くなったら、もう一度中深場に戻るとのことなのでタックルはそのまま置いておきます。

DSCF8898.jpg

【本日のタックル】
・リール   SHIMANO BANTAM 200
・竿     ALBATLOSS Fulafula 180M  
・道糸    PE2号
・オモリ   30号
・仕掛け   幹 4号 ハリス3号 捨糸2号 ムツ12号の2本針
・エサ    サバ短


DSCF8902.jpg

今回は昔懐かしいリール。。。バンタム200を持ってきました。1980年代にシマノさんからリリースされた初期のベイトリールです。昔、琵琶湖でバス釣りなんかをやっていた時に使っていたリールなんです。クラッチが壊れて使えなくなっていたのですが、ねっとで修理してくれるお店を見つけて、1年待ちで修理してもらった代物です。昔のリールなので、使える釣りが限定されます。軽いオモリ、浅場。。。今回のあさば根魚にぴったりじゃないですか(笑)
実際に久し振りに使って見ると、当たり前ですがドラグ。。。いやドラグと言える代物では無いですが、良型のカサゴがかかってもズルズルと糸がでちゃう。もちろん、デカイアカハタがかかった時は糸出されまくりです(笑)ハンドルも小さくちょっとちゃちいので、丁寧に扱ってしまいます。など、昔のリールならではの楽しさがありました。でも、このシルバーの見た目、かっこよくて好きなんだな。

DSCF8901.jpg

っで、釣りの方はと言うと。。。オイラ、カサゴを専門に釣った経験は少なく、周りの皆さんが順調に釣れ出しているのに、一人置いてけぼり(笑)すずきんさんに、カサゴってどうやって釣るんでしたけっけ?と聞いてみる始末。教えてもらって、その通りにやって見ると、ギュンギュンと良型のカサゴが釣れました。

DSCF8904.jpg

ポイントは見ての通り、岸からこんなに近い場所。沖では結構な風が吹いていそうですが、近場なのでたいして気になりません。周りではアカハタが顔を出し、オイラも欲しいなっと思っていたら、ギューーインっと引ったくられるようなアタリと激しく根に潜ろうと引き込まれるアタリ。柔らかいフラフラだとスリル満点。おまけにオールドバンタムだと、ズルズルと糸を出されます。多少、親指で糸をロックしながら引きを堪能して上がってきたのは35センチ超えの立派なアカハタでした。いや〜本当に楽しい。柔らかい竿だと、針がかりしてからは楽しいのですが、根掛かりなど対処がちょっと面倒。8:2のメタリアあたりが使いやすいとおもいました。(前回はメタリア使ったんだけどね)

DSCF8903.jpg

カサゴ、アカハタ。。。釣れる釣れる。。。夢中になって釣っているとクーラーの中は真っ赤っか(笑) 外道のベラとアカエソは全てお帰り頂きましたけど、それでも35リットルクーラーがこんな感じです。

DSCF8905.jpg

30センチ超えのアカハタも4尾。。。

DSCF8909.jpg

【本日の釣果】
オニカサゴ(2) 1.1㎏、0.8
・アヤメカサゴ(3) 
・カンコ
(1)
・イネゴチ(1) 45㎝ 
・カサゴ(14) 小さいの2尾ほどリリース
・アカハタ(10)
・ベラ(5) 全てリリース
・アカエソ(3)全てリリース

DSCF8906.jpg

キロ超えのオニが混じったので満足!

DSCF8907.jpg

でっぷりとしたした、良型のアカハタ。

DSCF8910.jpg

アヤメカサゴとカサゴ。。。

DSCF8911.jpg

イネゴチ君です。
今回も沢山釣れたし、大満足な釣りでした。このメニュー大好きですね。

【乗船代】
13,000円 

【交通費】
2,700円 2人割勘 

今日は星3つってことで  ★★★

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記










【2019/08/19】茅ヶ崎港 一俊丸 鰹 - 2019.08.26 Mon

前回、マグカツの開幕戦。。。まだオキアミにカツオもマグロも反応しておらず、ノーピク完全坊主で終了。例年なら、今期のマグカツは終了かと思ってしまうのですが、今年は何故かカツオを食いたい (^ ^) このモチベーションが高く、リベンジの機会を狙っておりました。今年は夏休みを分散して取っているので、何とか平日に参戦したいと平日の月曜日に行ってきました。

DSCF8885.jpg

どこの船宿さんにお世話になろうかと考えた結果、朝集合時間に座席のくじ引きを行ってくれる茅ヶ崎港の一俊丸さんに決めました。なんか、マグロで気合い入った人達と席の取り合いも嫌で(笑)
一俊丸さんは、数年前にマルイカで何度かお世話になった事があります。集合5時。。。宿の前で荷物を降ろして港の公営?駐車場に車を入れます。この時、駐車料金千円を取られるのですが、領収書を見せると宿が千円をバックしてくれます。そして5時。。。宿前で乗る船別に抽選が始まります。要領は、番号の書かれたピンポン球を箱から選んで番号が一番若いピンポン球を引いた人から好きな座席を選ぶシステムです。っで、キハダ。カツオ船で1番若い番号をゲット(笑)右舷のオオドモを確保出来ました。。。ラッキー
この後、乗合料金12、000円、コマセ3キロ1、000円、付餌500円を購入。コマセと付餌は自分で用意すれば購入の必要はありません。クーラーから荷物は宿がトラックで船の前まで運んでくれるので、竿だけ自分で持って船に移動です。

DSCF8882.jpg

【本日のタックル】
・リール  OCEA JIGGER 5000P
・竿    DAIWA GOUIN BULL HH190 
・道糸   PE8号
・ビシ   80号
・仕掛け  14号(補強あり) 3m 針 メジ・カツオ 15号
                 20号、24号も用意
・付けエサ オキアミ

DSCF8881.jpg

定刻の6時に‘河岸払いです。茅ヶ崎港、マグカツで人が多く、活気は凄いですね。一俊さんだけで、キハダ船、キハダ・カツオ船、ライブベイト船と3隻出てました。

DSCF8889.jpg

船は真沖を目指しているように思いましたが、この日は全体的に靄がかかっており、途中から何処を走っているのかさっぱり分からなくなりました。

DSCF8883.jpg

1時間ほど走って、一度投入したのですがお魚の気配無く、また走り出しました。途中、常連の方とお話をさせて頂き、前日もカツオの気配が出たのは10時過ぎだったとのこと。今日も迷走中って感じです。やっと小田原沖???の小さな船団に合流。何度か投入しますが、周り含めて釣れている気配がありません。

DSCF8884.jpg

今年は、投入。。。スカッばかりで釣れるイメージがしない (>人<;)
そんな中、11時頃。。。指示だな15mdで投入すると。。。いきなりギュギュギュ〜っと竿が絞り込まれます。ツッコミに耐えながら巻き始めますが、またまた船下に突っ込まれます。やばい、凄いお祭りになると少し強引に巻き始めると・・・プツッと切れちゃいました (T . T)  落ち込んでいる暇よりも、速攻で仕掛けを20号にチェンジし投入。。。ギュギュギュと直ぐにヒット。。。今度はツッコミをかわしながら何とか水面まで上げてこれました。船長にタモで取ってもらい。。。久しぶりのカツオゲット! ( ^∀^)

DSCF8886.jpg

このヒットの後は、またまた沈黙。。。アタリなくクルージングです。いや〜ヒットに間に合って良かった。

DSCF8887.jpg

長いクルージング。茅ヶ崎の船も同じような場所を流しています。船長の指示に従って投入、回収、クルージングの繰り返し。今日はこれで終了かと思っていたら。。。またまた、突然に竿が絞り込まれます。この時は船で何人かに同時ヒット。。。船下に入られて、まわりともお祭りが酷くて大変。反対舷とお祭り、上乗りさんが対処してくれていましたが、お祭りが酷くて仕掛けは切ったと、天秤以下だけ帰ってきました。あれ???俺の魚はと???誰の魚か分からなくなったようで、オイラは1尾取っていたので取れていなそうな人の魚ってことで。
この日はカツオの当たりも少なく、苦戦した日だったようです。それでも、何回かのアタリを出してくれるのは、さすが毎日カツオ船で出ている宿だと感心しました。タナは10〜20m。。。さすがに浅いですね。本船でマグロのヒットはありませんでした。宿自体も完全にシステム化されており、気持ちの良い宿ですね。人が多いのは仕方ないかな。人気の証しですね。

DSCF8888.jpg

【本日の釣果】
・カツオ(1)  3.8キロ


【乗船代】
ショートタチウオ 12,000円. コマセ1,000円 付餌 500円 氷 400円(自分で欲しい分) 

今日は星3つってことで  ★★★

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記 


【2019/08/11】金沢八景 米元釣船店 太刀魚 - 2019.08.14 Wed

お盆休みに突入の三連休。。。子供関係のイベントもなく、釣りの予定も入っていない。大型台風接近前の貴重な休み、無駄に過ごすしたくはないので何を釣りに行くかと思案する。前回、完全坊主を食らったマグカツがコマセで釣れ始めている。気合いを入れて一人で行ってみるか・・・タチウオの釣果も良さげで、近所からのんびりと行っってみるか・・・相変わらずタコが釣れているようなので初タコ行ってみる?などなど。他にもイサキ、マルイカなど頭の中を泳いでいる感じでしたが、特に明確な理由は無く、タチウオが勝ったようです(笑)

DSCF8867.jpg

タチウオでよくお世話になる、八景の米元釣船さんに予約を入れ暑くなることと、人が多い事を覚悟して行ってまいりました。近所なので早くから右舷オオドモをゲット。定刻近くになると、人が来るわ来るわ。。。貸し竿も沢山並んでいる状態で若干不安と戦意喪失感を感じながら定刻をまちます。

DSCF8868.jpg

台風が接近しているとの連日の報道ですが、湾内は見ての通りのベタ凪です。風が吹かないと暑くて暑くて出船前からやる気を削がれちゃいます。

DSCF8869.jpg

そう言えば、ここ数年は毎年1、2回タチウオを釣りに行くのですが、時期的には夏の終わりから秋、初冬が多いです。あまり深く考えずにいつものタックルを持ってきましたが、浅場なら竿が硬すぎるな〜きっと。今日はオモリ60号とのことなので、もう一段柔らかめの竿の方が良かったかもな〜など考えながら、夏の湾内の景色を眺めていました。

DSCF8870.jpg

20分程走れば、観音崎沖のタチウオポイントに到着です。いや〜毎年思いますが、凄い数の船団ですね。いったい、1日に何尾のタチウオが釣られているんだろうかと思います。

DSCF8871.jpg

【本日のタックル】
・リール  SHIMANO ForceMaster 1000
・竿    SHIMANO LIGHT GAME CI4 TYPE82 H190 
・道糸   PE2号
・オモリ  60号 
      カタテン仕掛け、水中ランプ
・仕掛け  6号2m 1本針 0/1 


最近、タチウオで使っている竿なんですが、8:2なので、もう少ししなる7:3くらいの竿が良かったかな。昔によく使っていた、NERAIは7:3で丁度良いのですが、2.4mと長いので1日シャクルト疲れるんです(笑)でも、結果的にはこの楽したい選択が釣りに影響あった感じです。

DSCF8872.jpg

船長、大船団にh入らずに、少し離れた位置で開始の合図です。水深55m前後。反応は底ベタで、下から10m程をさそってとのこと。オモリを底まで落としてからハリス分あげてから、1/4回転くらいの幅でしゃくってみます。最初の10mはアタリなし。もう一度おとして2回目のシャクリ・・・50m近辺でコツっとアタリあり。。。反射的に合わせてしまいスカッ(T . T)。エサチェックしてみると半分食い逃げ(笑)エサを付け直し再度投入。50m近辺を中心に誘うと、ジッ〜っと咥えた感触、合わせずにもう一度誘いあげる。。。グッググン。。。ここで鬼合わせ。。。無事に乗りました。上がってくるまで心地よい引き。結構引くと思ったんですが、取り込んでみると指3本かな。ここからの前半戦は、それなりに順調に食わせて数を稼ぎます。サイズがイマイチ。だけど、夏タチってこんなもんかな。

DSCF8873.jpg

何度が流し変えの後、船長がポイント変更。観音崎よりのポイント。それでも船団には合流せず。同じような深さなので、同様に誘ってみる。今度は、コツンとアタリは出るのだけど、プンって弾かれたようにフッキング出来ないパターンが頻繁に起こる。さっきまでは、コツンのアタリの後にゴンっと竿が入るケースが多かったのだが、コツンの後が続かない。エサをチェックして見ると、半分食い逃げされているケースが多い。タチのサイズ、活性、シャクリのスピードと色々な要因が絡み合っていると思うのだが、少し柔らかい7:3の竿なら弾かれるケースが減るような気がした。1回の釣りであまり竿をあれこれと変えないのですが、今回はもう1本持ってくれば良かったと思いましたね( ^∀^)

DSCF8874.jpg

しかし、暑い。。。多目に用意した水分がどんどん消費されて行きます。

DSCF8875.jpg

夏の海。。。この景色は好きなんだけど、風が止むと死ぬほど暑い。

DSCF8876.jpg

指2本サイズ。。。いわゆるネクタイちゃん。このサイズだと、フィッキングした後も引きに力強さが無いので、直ぐにおチビちゃんだとわかりますね。

DSCF8874.jpg

段々とアタリが遠くなり、船長もポイントを変えたり、入れなおしたりと動いてくれますが。。。活性が低い!

DSCF8878.jpg

最後の2時間程。。。本当にアタリが遠く、頑張って丁寧に誘ってアタリを出しても、フッキングまで行かない。なぜだ。。。なぜだと考えると暑くなってくるので、人間のエサを食べてクールダウン。やっぱりこの時期は冷やしタヌキウドン。冷えたクーラーに入れて冷えたウドンをツルッと食べるのが美味しいですね。

DSCF8877.jpg

ラスト1時間30分。。。もう少し釣果を伸ばそうと真面目にシャクルのですが、たまーにアタリが出てもプンっっと弾かれちゃうイメージ。う〜〜難しいっというか、今までにアタリはあるけど掛けれないパターンってどうしたらいいの?誘いのスピードを緩く、優しく、幅を大きく、短く。待ちの時間を長くと思いつくことは色々やってみましたが、最後に1尾追加出来たのみで終了でした。最後の時間、お隣さんはそれなりに釣れていたので、何かあるはず (>人<;)

DSCF8879.jpg

【本日の釣果】
・タチウオ(16)  最大指4本


DSCF8880.jpg

ドラゴンが混じってくれることも期待して行ったのですが全然でした。周りで釣れているタチも小さかった。今日は大きいのは駄目だと思って他船の釣果報告を家に帰ってから眺めていると。。。ドラゴン釣れているじゃん。。。やっぱり、デカイ反応の中心にはいるってこと???勿論、確率の問題だと思いますけど。
釣果には満足。。。ドラゴンの引きを楽しみたかった。

IMG_20190811_171311.jpg

【乗船代】
ショートタチウオ 8,500円 

今日は星2つってことで  ★★☆

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

たー坊水産

Author:たー坊水産
横浜在住の週末アングラーです。
お気軽にコメント下さい。(本編の方に)
http://tabosuisan.asablo.jp/blog/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
鯛 (26)
鬼笠子 (18)
河豚 (18)
甘鯛 (16)
鱚 (10)
丸烏賊 (20)
鶏魚 (13)
赤鯥 (19)
鯵 (15)
平目 (5)
石持 (7)
槍烏賊 (9)
黄鰭・鰹 (10)
赤魳 (4)
アラ (5)
太刀魚 (7)
黒鯥 (3)
金目鯛 (2)
石鯛 (8)
稚鰤 (6)
貝割 (5)
赤魚鯛・目抜 (3)
鱸 (1)
真羽太 (1)
縞鯵 (1)
LT五目 (1)
LT深場 (2)
穴子 (1)
鯖 (1)
皮剥 (3)
ウィリー五目 (1)
沙魚 (1)
目張 (1)
泳がせ (1)
遠征釣り (1)
花鯛 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード