にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
FC2ブログ
topimage

2020-07

【2019/08/24】稲取港 安貞丸 鬼笠子 & 赤羽太  - 2019.08.29 Thu

昨年度の夏、稲取でアカムツの模様が良くないので、急遽幹事様が考えてくれたメニュー…中深場で鬼カサゴを狙って、浅場に移ってアカハタを狙うパターン。実際にやて見ると、浅場の根魚が楽しい釣り物でした。来年もまたやりましょうってことで、幹事様が今年も仕立ててくれました。横浜からはすずきんさんと稲取も目指します。オイラ宅に2時に来てもらい、4時30分集合を目指して海岸線を走ります。慣れた道なのですが、自分の車で運転するのは久しぶりです。

DSCF8893.jpg

港には4時30分を少しまわって到着。オイラの運転がゆっくり過ぎた(笑)港に到着すると、まるかつさん、しどちゃん、船長まで準備万端です。慌てて荷物を降ろして準備、まるかつさんお手製のクジで座席決め。出来れば後ろが良いのですが、右舷の前でした。
右舷前オイラ、後ろすずきんさん、左舷前まるかつさん、後ろシドちゃん
乗り込んだらすぐに河岸払いです。今日はポツポツと雨がぱらつく予定ですが、暑いのでカッパは着ていません。酷くなったら着るかな。

DSCF8891.jpg

【本日のタックル】
・リール   SHIMANO ForceMaster 3000
・竿     DEEP GLORIA 100
・道糸    PE4号
・オモリ   150号
・仕掛け   ハリス8号 2.5m ムツ19号の天秤3本針
・エサ    サバ短、カツオの皮、イカ短



DSCF8900.jpg

今回は新しいオモチャの投入です。前回、大原での中深場の釣り。オモリ200号で使用していた竿のガイドが金属疲労で壊れてしまいました。っで、150から250号位の釣りに使える竿を探していたところ。。。価格も手頃、オモリ200号を背負った時のしなりも良い感じ、はい購入って感じです。グラスのワンピース竿で仕舞寸法は長いのですが、いつも車のオイラには関係なし。今日は150号なのですが、使ってみたくて持ってきました。150号でも十分にしなってくれるので使いやすいです。若干、グラスな分重くて、1日持っていると疲れるかもとは思いました。150号なら、シマノのcl4で良いかもね。さらに今日は特エサを持ち込み。先日釣れた、相模湾のカツオの皮を持ってきました。ヒラヒラと鬼ちゃんの気をひくこと間違いなし。一番上針にセットですよ。
っで、港から20分ほどの120mだちでスタート!オモリ着底後、竿の調子を試しながら底をトレースすると。。。コッコンっとアタリが。まだ食い込んだ感無く(アタリが弱かったので)10センチほど糸を送り込みじっと待ちの我慢の子(笑)もう一度、クンっとアタリがあったので、ゆっくりと聞きあげると、グングンと本命っぽいアタリ。えっ、マジ ( ^∀^)まだ1投目だけど。。。慎重に上げてくると1.2キロの鬼カサゴちゃんでした。かかったのは、一番上に針。。。そうです、カツオの皮で釣れました(笑)今日は幸先が良いなと思ったのですが、ここから潮目が悪くて苦戦します。

DSCF8894.jpg

上潮は速いのですが、底は動いていないみたい。船長が一生懸命に糸を立てようと操船してくれるのですが、釣っている方からは前に行ったり後ろに行ったり。。。おまけにお祭りも頻発し大苦戦。それでも、しつこくやっているとアヤメカサゴ。ちょっと小ぶりですが。

DSCF8895.jpg

その後も、アヤメ、小さめのカンコなど根魚は釣れますが、とにかく潮目が悪くて釣りづらい(笑)

DSCF8896.jpg

我慢してやっていると次は鬼を含むダブル。。。なんか最初のアタリは弱々しかったんだよね。その後にカツカツと明確なアタリ。こっちは鬼かな。

DSCF8897.jpg

新しい竿も十分に入魂できましたね。150号の鬼釣りだと、少しパワーがありすぎるかな。でも、潮が速い外房だと、これくらいの方が釣りやすいかなってかんじです。

DSCF8899.jpg

今日は薄曇りで、暑過ぎず釣りの天候としては過ごしやすいですね。心配した雨も、ポツポツきたけど、カッパを着るほどは降らなかったしね。
底をしつこく探っていると、クンクンと明確なアタリ。聞きあげると生体反応が明確で、巻き上げ途中もクンクンと首を振る。あれっ、なんかカサゴ系の引きじゃないなって思っていたら。。。なんとイネゴチでした。昔、熊本の天草でテンヤ釣りをやった時、カサゴに混じって釣った経験があります。この魚、不用意に頭を掴むと、頭に結構な棘?のようなものがあり、指の腹手痛く切った記憶が蘇りました。今回は、そんなヘマはしません。
風も強くなってきたので、一旦浅場に行くことになりました。潮目が良くなったら、もう一度中深場に戻るとのことなのでタックルはそのまま置いておきます。

DSCF8898.jpg

【本日のタックル】
・リール   SHIMANO BANTAM 200
・竿     ALBATLOSS Fulafula 180M  
・道糸    PE2号
・オモリ   30号
・仕掛け   幹 4号 ハリス3号 捨糸2号 ムツ12号の2本針
・エサ    サバ短


DSCF8902.jpg

今回は昔懐かしいリール。。。バンタム200を持ってきました。1980年代にシマノさんからリリースされた初期のベイトリールです。昔、琵琶湖でバス釣りなんかをやっていた時に使っていたリールなんです。クラッチが壊れて使えなくなっていたのですが、ねっとで修理してくれるお店を見つけて、1年待ちで修理してもらった代物です。昔のリールなので、使える釣りが限定されます。軽いオモリ、浅場。。。今回のあさば根魚にぴったりじゃないですか(笑)
実際に久し振りに使って見ると、当たり前ですがドラグ。。。いやドラグと言える代物では無いですが、良型のカサゴがかかってもズルズルと糸がでちゃう。もちろん、デカイアカハタがかかった時は糸出されまくりです(笑)ハンドルも小さくちょっとちゃちいので、丁寧に扱ってしまいます。など、昔のリールならではの楽しさがありました。でも、このシルバーの見た目、かっこよくて好きなんだな。

DSCF8901.jpg

っで、釣りの方はと言うと。。。オイラ、カサゴを専門に釣った経験は少なく、周りの皆さんが順調に釣れ出しているのに、一人置いてけぼり(笑)すずきんさんに、カサゴってどうやって釣るんでしたけっけ?と聞いてみる始末。教えてもらって、その通りにやって見ると、ギュンギュンと良型のカサゴが釣れました。

DSCF8904.jpg

ポイントは見ての通り、岸からこんなに近い場所。沖では結構な風が吹いていそうですが、近場なのでたいして気になりません。周りではアカハタが顔を出し、オイラも欲しいなっと思っていたら、ギューーインっと引ったくられるようなアタリと激しく根に潜ろうと引き込まれるアタリ。柔らかいフラフラだとスリル満点。おまけにオールドバンタムだと、ズルズルと糸を出されます。多少、親指で糸をロックしながら引きを堪能して上がってきたのは35センチ超えの立派なアカハタでした。いや〜本当に楽しい。柔らかい竿だと、針がかりしてからは楽しいのですが、根掛かりなど対処がちょっと面倒。8:2のメタリアあたりが使いやすいとおもいました。(前回はメタリア使ったんだけどね)

DSCF8903.jpg

カサゴ、アカハタ。。。釣れる釣れる。。。夢中になって釣っているとクーラーの中は真っ赤っか(笑) 外道のベラとアカエソは全てお帰り頂きましたけど、それでも35リットルクーラーがこんな感じです。

DSCF8905.jpg

30センチ超えのアカハタも4尾。。。

DSCF8909.jpg

【本日の釣果】
オニカサゴ(2) 1.1㎏、0.8
・アヤメカサゴ(3) 
・カンコ
(1)
・イネゴチ(1) 45㎝ 
・カサゴ(14) 小さいの2尾ほどリリース
・アカハタ(10)
・ベラ(5) 全てリリース
・アカエソ(3)全てリリース

DSCF8906.jpg

キロ超えのオニが混じったので満足!

DSCF8907.jpg

でっぷりとしたした、良型のアカハタ。

DSCF8910.jpg

アヤメカサゴとカサゴ。。。

DSCF8911.jpg

イネゴチ君です。
今回も沢山釣れたし、大満足な釣りでした。このメニュー大好きですね。

【乗船代】
13,000円 

【交通費】
2,700円 2人割勘 

今日は星3つってことで  ★★★

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記










スポンサーサイト



【2019/07/20】大原港 孝栄丸 鬼笠子 - 2019.07.28 Sun

本日は、まるかつさん仕立て!大原の孝栄丸さんから久々の根魚仕立てです。横浜から、マルッチさん、途中すずきんさんが合流して大原港を目指します。オイラにとっては何年ぶりかの大原港で、以前はナビ無くても余裕だった道が、すっかり懐かしい道になってしまいました^^;

DSCF8826.jpg

まるっちさんの運転で、集合の4時前に大原港に到着しますが、大半の方は既に準備万端。。。みなさん早いですね。くじ引きで席を決めますが、なにせ台風が日本海側を通過している関係で海が悪そうな予感。こんな時は胴の間狙いですが・・・前回の大洗フグと同じく、右舷ミヨシから2番を当ててしまうくじ運の悪さ。。。決して、日ごろの行いが悪いわけではありません(笑)

DSCF8827.jpg

左右のミヨシは、日ごろの行いが悪いすずきんさんとかんこさんです(笑) 嘘です。。。
みなさん淡々と準備を進めます。港に中にいると海が静かだったので、少しはましかと期待したのですが、港を出ると台風?のうねりか、ドッタンバッタン。。。ミヨシ側にいるとジェットコースターの急降下を何度も味わっている感じで、久々に酔いそうな感じでした。

DSCF8830.jpg

そんなわけで、酔い止めに早朝からハイボール ^^;
1時間以上かけて、ポイントに着くと、やはり潮が早いようで船長から200号の指定。200号だと、いつも使っている泳がせようの竿。。。ちょっと堅めなんですが重たいオモリを操作し易いのです。

【本日のタックル】
・リール   電動丸 3000
・竿     ZEALOT スタンディングファイター 1900㎜ 
・道糸    PE5号
・オモリ   200号
・仕掛け   ハリス8号 2.5m ムツ20号の天秤3本針
・エサ    船宿支給のサバ、持参 サバ短、サケ皮


DSCF8829.jpg

全体的に曇っているので、夜明けを写真に撮ると神秘的な感じですね。

DSCF8828.jpg

さて、船長の合図でスタート魚釣りです。140m立ちなんですが、投入すると1回目の底立ちから底を取り直すと軽く10m以上糸が出て行きます。最初のポイントは潮が早すぎて、即移動!次のポイントです。同じような水深ですが、直ぐに錘が浮き上がる感じ。船長から底をトレースするように指示が飛びます。ほぼ底ベタでやっていると・・・グンと竿が入った感じ・・・しかし魚では無くて根がかりです^^; なんとか外れてくれますが、1度根がかりすると同じポイントで底を狙うのが怖くなるんです。お隣ではすずきんさんも根がかりで苦しんでいるし (-_-;)
でも、底を取らないと根魚釣りにならないので、頑張って底をトレースします。何度かやっていると、グッグングン・・・おっ、久しぶりの根魚のアタリ。。。丁寧に竿に乗せるようにあわせると、グングンと心地よい引き。ばれないでねっと願い、無事にあがってきたのは1.5キロの上物でした。やったぁ~ぜ(^^)v

DSCF8831.jpg

よ~し。。。どんどんいくよって感じで続けようとおもったら。。。根がかり。。。いろいろと外そうと試みましたが駄目で天秤イカをロスト ^^; こうなると、底をゆっくり狙うことが出来なくなってきます。しばらく根がかりを注意してやっていると、今度は魚のアタリが無く、また勇気を出して底を狙いますが・・・また根がかり。。。天秤以下2セット目をロスト。。。お隣ではすずきんさんも根がかりに苦しんでいるし、竿、リースのトラブルで大変な感じです。

DSCF8835.jpg

結局、根がかりに注意しながら、それでも魚のアタリがないと勇気を出して底を長めにトレース。ユメカサゴを6尾追加でした。今日は他の外道がこなかったなぁ~。回りも中々数が釣れていない中、最後にかんこさんがビック1をゲット!2キロは超えていそうな大物でしたよ!

DSCF8832.jpg

終盤、すずきんさんにガイドの2番目に糸が通っていませんよと言われ、確認すると確かに通っていなかった。通し忘れだとおもったのですが、家に帰ってから確認するとガイドが金属疲労で割れていました。他のガイドも確認すると、もう1箇所割れそうなガイド発見!気に入っていた竿なので、ガイドを修理するか迷い中。いろいろと時間が無いかな、竿いじりに嵌ると怖いので、竿いじりは避けてきたのだ。

DSCF8833.jpg

【本日の釣果】
オニカサゴ(1) 1.5㎏
・ユメカサゴ(6) 
・サメ(2) 途中でハリス切れ

【乗船代】
11,000円

IMG_20190721_095235.jpg

久々の大物なのでかなり嬉しかった (^^♪

IMG_20190720_130142.jpg

帰りは、まるっちさんお気に入りの日本蕎麦を食べに!シンプルにかけ蕎麦を食べましたが、なかなか旨いですね。今度はよる機会があれば蒸篭だな。

今日は星2つってことで  ★★☆


お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。


金沢八景発 坊主釣行記

【2018/09/08】稲取港 安貞丸 鬼笠子 & 赤羽太  - 2018.09.10 Mon

久しぶりの稲取です。当初はアカムツ釣りの予定だったのですが、船長からアカムツは釣れていないとの話があったそうで、幹事様の判断で鬼退治からの浅場のアカハタリレーになりました。

DSCF8535.jpg 

浅場のアカハタ。。。カサゴに混じって良型のアカハタが釣れるとのこと。そもそも東京湾でもカサゴ釣りを専門でやったことが無い。ムツ12号位の針とかあったかなぁ〜って感じです(笑)オモリ30号も。。。何の釣りで用意したのかも覚えていないのですが、どちらも在庫がありました (^ ^)

今回のメンバーは、幹事のまるかつさん、すずきんさん、リンリンパパさんです。リンリンパパさんに、2時に迎えに来てもらい稲取を目指します。道中の車内では、雨予報だとか、南風が残っているから修行だとか、ネガティブな会話が多かったですね。

稲取到着後、船長も来られたので準備に入ろうとしたら、いきなり本降りの雨!これには参りましたね。カッパの下がずぶ濡れは避けたいですからね。しばらく車の中で待機してやり過ごします。釣りを始める前に修行な空気感が半端ないです(笑)

DSCF8538.jpg 

海が悪い時はミヨシには入りたくない。。。ってこんな時はミヨシを引くんです。左舷ミヨシからオイラ、リンリンパパさん、右舷ミヨシからすずきんさん、まるかつさん。雨も上がって5時過ぎに河岸払いです。

港の中は静かな感じだったのですが、出てみるとうねりがあって波が高いです。ポイントに着くまで、ミヨシ席だとかなりのジェットコースター。久しぶりだったのでちょっと恐怖を感じました。後日、身体中が筋肉痛。。。良い体幹トレーニングになったんでしょうね(笑)

DSCF8536.jpg 

【本日のタックル】
・リール   SHIMANO ForceMaster 3000
・竿     SHIMANO LIGHT GAME CI4 TYPE82 H190
・道糸    PE4号
・オモリ   150号
・仕掛け   ハリス8号 2.5m ムツ19号の天秤3本針
・エサ    サバ短、イイダコ、サケ皮


オニのポイントに到着です。水深は110〜130mくらいかな。久し振りのオニ釣りですね。オニ釣りはタナを取ったら仕掛けを安定させないといけないのですが、うねりのせいでどったんばったんとタナをキープ出来ません。それでも、底近辺をキープしているとグングンと下品なアタリ。。。久し振りだけど、直ぐにシャーク攻撃だとわかります。この時点で全員シャークです。仕掛けの消耗も激しいし、うねりとシャークで気持ちがめげそうになりますね(笑)


DSCF8537.jpg
【シャークと格闘中のリンリンパパさん】

船長、本命ポイントはシャーク攻撃の前に別のポイントに流し変え。すると、クンクン(この表現も微妙だけど)下品でないアタリ。丁寧に合わせて慎重に巻き上げます。巻き上げ途中も大人しいのでシャークでは無い。でもオニの引きでもないなっと思いながら。。。カンコでした。

DSCF8539.jpg

このポイントでは、不思議なことにシャーク攻撃は無く、次のアタリはキロ近い本命オニカサゴでした。久々のオニちゃん、アタリも引きも懐かしかったよ。

DSCF8540.jpg 

オニより大人しいと思ったら。。。良型のアヤメカサゴでした。

DSCF8542.jpg

そして、キロ超えのオニカサゴ。。。海もだんだんと凪てきて楽しい (^ ^)

DSCF8541.jpg

中深場のカサゴ系のお魚でオケは真っ赤っっか(笑)
釣りはとっても楽しいのだが、天気が変。。。周りは晴れているのに南の方からピンポイントで雲がやってきて雨が降る。見ていて目視で雲がやって来るのがわかるので、そろそろカッパを着ないと。。。しばらくすると止んでカンカン照りの太陽が顔を出すので、蒸し物になった気分です。カッパを脱いだり、着たりと10回くらい繰り返した感じです。最後のプレゼントは、綺麗にかかった虹かな。(写真撮り忘れたけど)

DSCF8543.jpg

散々中深場で遊んでから、今度は20ー15mの浅場に移動です。皆さん手巻きリールだったんだけど、オイラは電源あるの小型電動を用意。。。みんなに電動って笑われたけど (^ ^)

【本日のタックル】
・リール   SHIMANO 電動丸 400C
・竿     SHIMANO LIGHT GAME CI4 TYPE82 H190 
・道糸    PE2号
・オモリ   30号
・仕掛け   幹 4号 ハリス3号 捨糸2号 ムツ12号の2本針
・エサ    サバ短


DSCF8544.jpg

水深は15ー30m位です。150号からいきなり30号なので、はじめは着底すら分かりにくい(笑)おまけに、根周りを流しているのでしょう。オモリが岩礁にコツコツと当たるので、魚のアタリとオモリが当たる感じが混じってよく分かりません。この辺は、カサゴ釣りの経験の無さがもろに出ますね。しばらくやっていると、オモリが岩に当たっているのと魚のアタリの区別がわかるようになりました。根掛かりしないように、オモリを底に這わせます。すると、クイっとひったくられる様なアタリで型の良いカサゴ君が釣れます。

DSCF8545.jpg 

こりゃー面白いと、暫くカサゴ釣りに夢中になっていると、周りでは本命のアカハタが釣れ始めます。俺もそいつが釣りたい!と鼻息が荒くなります(笑)暫く我慢して底を釣っていると、グンっと今までに無い引き込み。。。慎重に巻き上げると本命のアカハタです!初めての魚。。。嬉しいですね。

DSCF8547.jpg 

ここからは、カサゴを4、5匹釣ったらアカハタが1尾混じる感じです。2尾目の良型のアカハタが釣れたので今日は満足ですね。小さい15センチくらいのアカハタも釣れるのですが、こいつはリリース。大きくなったら、まt遊んでねと!

DSCF8546.jpg

朝に比べると海も随分と穏やかになりました。浅場で、カサゴとアカハタに遊んでもらい、13時30分に納竿となりました。
カサゴ釣り、慣れていなくてオモリを6個無くしました(笑)それでも、クーラーは赤いお魚でいっぱい。。。大満足です。

DSCF8548.jpg

キロのオニカサゴとアカハタ!
IMG_20180908_205108.jpg 

アヤメ、カンコ、カサゴです。
IMG_20180909_065711.jpg 

【本日の釣果】
オニカサゴ(2) 1.0㎏、1.2
・アヤメカサゴ(2) 
・カンコ
(1) 
・サメ(4) 全てリリース
・カサゴ(16) 小さいの3尾ほどリリース
・アカハタ(4)小さいの2尾リリース
・ベラ(3)2尾リリース

IMG_20180909_085720.jpg
オニのひさ酒用

 【乗船代】
13,000円 

【交通費】
2,800円 4人割勘 

今日は星3つってことで  ★★★

お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。

金沢八景発 坊主釣行記


【2014/04/05】勝浦豊浜港 清勝丸 鬼笠子 - 2014.04.18 Fri

***今回は事情があり、写真が少ないです***

私の根魚釣りの歴史そのものと言って過言ではない船宿さん。
勝浦豊浜港清勝丸さんです。
船も渋ければ、船長も味があります。
普段は職漁も行っているらしく船の中には見慣れないものも沢山あります。
いつも、まるかつさんが仕立てを企画してくれる大好きな船宿さんでした。
しかし、昨年 船長が腰を悪くされたようで、もう海には出れないかもとの
悲しいお知らせがまるかつさんから届いていました。
もぉ~あの船長の船で根魚天国には行けないのかと思っていたのですが・・・
「根魚天国復活ツアー」のメールが。。。
仕事が忙しく、見逃していたのですが声をかけてもらって参加出来ました。

4:30集合 5:00出船です。
今回はオニカサゴ一本なので、これでも集合時間は遅くなりましたね(笑)
マルソータさんと自宅を2:30に出発、4:15には豊浜港に到着しました。

「根魚天国復活ツアーに名乗りを上げた面々」
右舷前から:まるかつさん、マルソータさん、りんりんパパさん、汐留の漁労長さん
左舷前から:汐留Jrさん、すずきんさん、オイラ

定刻の5:00に河岸払いです。

20140405_002


【本日のタックル】
・リール   電動丸 3000
・竿     ZEALOT スタンディングファイター 1900㎜
・道糸    PE5号
・オモリ   200号
・仕掛け   ハリス8号 2.5m ムツ19号の天秤3本針
・エサ    船宿支給のシイラ、持参 イイダコ



40分ほど走ったでしょうか。。。
130mだちでお魚釣りスタートです。

今日は海が凪で本当に良かった (^o^)丿
お魚が釣れる釣れないの前に凪の海で釣りがしたかった。
まずは、このお願いは女神様も聞き届けてくれたようです(笑)
200号をオモリを落とすと、ほぼ糸ががまっすぐにたって落ちて行きます。
早いしを心配していましたが、逆に今日は潮が流れていないようです。
船長も潮ながれが悪いから、誘わないとだめだよぉ~って言ってます。

200号のオモリで誘うのも大変なのですが、頑張って誘いましょう。
開始早々、おとなりのすずきんさんが根がかりで天秤以下ロストされてます。
そーなんです、タナがころころと変わるので、マメに底立ちを
取り直さないと、根も洗いようで直ぐに根がかりしてしまいます。
こんな日は、真面目に底だちを取り直すしかないのね(笑)
って、ことで今日はオモリが底に着いたら70cm~100cm あげてタナを取ります。

コツン。コツン。。。

当たりがあったので軽く合わせると、確かに重みが乗りました。
魚がついたのはわかるのですが、本命の引きではないですね。
慎重にあげてくると、水面に赤い影が見えます。
えっ、本命?って一瞬思いましたが。。。

ヒオドシとユメカサゴのダブルでした。
いやぁ~これはこれで、うれしい外道ですね。


またまた、底立ちを取り直してゆっくり誘いをかけると・・・

コツ。。。ゴッ、ゴッ。。。グゥゥゥ~  竿を立てます。

ゴンゴンゴンゴン。。。。  (^o^)丿 

今後は間違いなく本命のアタリでしょう。。。

1キロ(後で計測)ジャストの本命、オニカサゴ君です。
いやぁ~早い時間に本命が釣れると随分と気が楽です(笑)

周りは、潮が流れず当たりがないとのことなんですが、
私の竿は誘いを入れると当たりが出る状態 (^。^)y-.。o○
こういったのを手が合うというのでしょうか。

20140405_003


この後は、0.9、0.4?キロの本命を早々に追加し、絶好調です。
こんなことがあるんですね(笑)

その後、良いあたり。。。
まぁ~引きは楽しいのですが、明らかに下品なあたりです。
仕掛けが切れることなく、130m引きを楽しむことが出来ました。
お約束のシャーーク!でした(笑)

仕掛けが水面で切れたので、新しい仕掛けにチェンジしながら
やり取りでも疲れたので、Beerを飲みながら一休み。。。

これがいけなかったのでしょうか (-_-メ)
ここから、アタリを出せなくなり(笑)
逆にお隣のすずきんさんが怒涛の追い上げ。。。
右舷ミヨシでは、まるかつさんも怒涛の3連荘なんかもあり、
船中 10オニで沖上がりとなりました。

20140405_005
【りんりんパパさんより拝借】

久しぶりに勝浦の凪の海での根魚釣り。
本命が釣れたのはもちろんですが、楽しかったです~ (^^ゞ

20140405_004


【本日の釣果】
オニカサゴ(3) 0.4?、0.9、1.0㎏
・ヒオドシ(2) 28、38cm
・ユメカサゴ(1) 
・サメ(2)

【乗船代】
10,000円
【交通費】
2人で割り勘 一人 4500円


【その後】
釣り自体は釣果も良く、個人的にはルンルンで横浜に帰ってきたのですが・・・
写真を確認しようとデジカメを探すとカメラがありません。
釣りが終わってからの記憶をたどると。。。
沖上がり後、清勝丸の写真を取り、車に戻った時に鞄より車のキーを出すために
手に持っていたデジタルカメラを車の屋根に置きました。
車の空けて、着替えて、船代を払って・・・
あれっ、デジカメを車の屋根から取った記憶がありません (>_<)
チ~~~ン。。。無くしました。
勝浦豊浜港 漁港の駐車場です。
清勝丸に電話して、船長が駐車場まで見に行ってくれましたが、
やはり見つかりませんでした。船長、お手数をおかけしました。
カメラ自体は、不注意で無くしたので諦めもつくのですが、
撮りためた釣り関係の写真がSDカードに入っていたので残念です。
FinePix Z33WP の緑色です。誰か拾っていないですかね^^;



今日は星3つってことで  ★★★


お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。


金沢八景発 坊主釣行記

【2014/01/03】乙浜港 海人丸 鬼笠子 - 2014.01.07 Tue

今年の初釣りは何に行こうかと考えていたところ、
マルッチPPさんより南房鬼カサゴに行くけど行きませんかとのお誘い。
そー言えば、2012年度は鬼カサゴは得意な釣りものとし、キロオーバーの
鬼を沢山捕獲したっけ。。。釣れるのが当たり前になった2013年・・・
記録を読み返してみると、釣行回数は2回。いずれも撃沈^_^;
ってことで、2013年はまともにオニを釣っていない。
こりゃ~新年の家に悪い流れを払しょくしておかないと行けませんね。
ってことで、マルッチPPさん、かんこさんと共に初釣りはオニ退治に決定(^^ゞ

今回お世話になったのは、お初の釣り宿さん。
南房は乙浜港海人丸さん。
船長(村井海人さん)はユニークな方で、サラリーマンから船長に転職された
そうです。サラリーマン時代も年間70~80回釣行されていたとか。

20140104_009

かんこさん、マルッチPPさんと同じじゃん(笑)
常連さん達も、殺気立ってピリピリとしていなく、のんびりした雰囲気です。

20140104_008

3時にマルッチPPさん宅集合、4時30分には乙浜港に到着していました。
集合は海人丸の番屋?家なので、しばらくうろうろ探しながら到着しました。
席は、我々がお初だったので3人ミヨシ側の席を取ってくれました。
残りの常連さん達はくじ引きで席を決めるシステムのようです。
左舷 ミヨシ かんこさん、2番 マルッチPPさん
右舷 ミヨシ オイラ。。。片舷4名の8名での出船です。

20140104_002

船はなんとも渋い感じで、難点はミヨシ側の座席が微妙に高い ^_^;
オイラが座って高いので、かんこさんはかなり高く釣りずらかったでしょう。
定刻の6時頃(ちゃんと時間みていなかった)に河岸払いです。

【本日のタックル】
・リール  SHIMANO ForceMaster 1000MK
・竿    SHIMANO LIGHT GAME CI4 TYPE82 H190
・道糸   PE4号
・オモリ  120号
・仕掛け  ハリス8号 1.5m ムツ19号の天秤3本針
・エサ   サバ短、サケ皮

出船時、船宿から凍ったサバが支給されますが、カチンコチンで(笑)
サバエサ付きだと聞いていたのでサバ短持ってこなかったし。
四苦八苦しながら、走る船上でサバ短をカットしました。
今回のこの竿(SHIMANO LIGHT GAME CI4)に変えてからオニが釣れてない^_^;
でも、SHIMANOさんの良い竿なので早くオニをあげたいですね。
前回の南房オニ釣りでは、サバ短を大きくしすぎたため、アタリが
少なくなってしまった。今回は程良い大きさにカットして使用します(笑)
幅1.5cm、長さ10cmくらいかな。。。

ポイントまで30分も走らなかったかなぁ~
船長の合図で釣り開始です。

20140104_004

最初のポイントは100m前後。
投入して着底を待ちますが、道糸が真っ直ぐに立つくらい潮が流れてません。
タナを取りながら探ってみますが、魚の気配がない^_^;
なんかいやな予感。。。
最初の流しはスカッ ^_^;
次の流し、どうも左舷オオドモの方で本命が上がったっぽい。
魚がいるのなら頑張りますよ~(笑)

コツッ。。コツッ。。コツッ。。コツッ・・・

久しぶりのオニのアタリ。。。ドキドキするねぇ~

テンションを保ちながら、
グゥゥ~ っと引き込まれたタイミングで竿を立てます。

ゴンゴンゴン。。。(*^^)v

無事になりました。低速で電動オンにして巻き上げます。
でも、軽いのでオオオニじゃないなぁ~

20140104_003

あがって着たのは500gの本命です。
でも、久しぶりの鬼カサゴ。。。このサイズでも嬉しいですね。
船中2尾目。。。

その後、かんこさんも無事に本命ゲット。
後ろだけど、リールの低速巻って音でわかるから釣れたの分かるんだよね。

20140104_005


とりあえず、1尾はゲットしたんだけど、やっぱり潮流れ悪く魚っけがない。
おまけに、潮が流れ始めると酷い2枚潮で釣りにく言ったら本当に。
投入のタイミングがバラバラだから、お祭りがひどい(^_^;)
はぁ~こりゃ~参ったね。。。

しばらくこんな感じでしたが、船長がポイントを変えた直後。


コツン。。。コツン。。。コツン。。。

オニ???いやぁ~オニじゃないなぁ~

コツン。。。コツン。。。

コツン。。。痺れを切らしたオイラは、このタイミングで竿を立てて見た(笑)
すると、クンクンクン。。。 あれっ、なんかマダイっぽいんだけど。

なんだか、わけがわからず上げて見ると、レンコダイでした。
アマダイの外道でかかったことは何度もあるけど、オニの外道では初めてかも。
サイズもそこそこ35cm (*^^)v

20140104_006


でも、魚っけは相変わらず・・・・

外道がほとんど釣れませんから(笑)
定番のユメカサゴ、アヤメカサゴも・・・


後ろ側ではマルッチさんがサバ~~。。。って言いながら
ナイスサイズのカイワリをゲットしてます(笑)


う~~~船中も本当にポツリ、ポツリ。。。
こりゃ~あまり良い日じゃないね ^_^;


船長も少し深い場所 130~150mのポイントを攻めますが、
このころから潮が少し早くなりだし、2枚潮が更に酷くなります。
なんともお祭りが多発でストレスが溜まりますなぁ~

そんな中、着底後、タナを取り直した直後。。。


ゴッゴッゴゴン。。。直ぐに竿を立てると・・・

ゴンゴンゴン。。。完璧、オニの引きですね。
さっきよりはかなりサイズも良さそうですよぉ~

久しぶりの大人サイズのオニちゃん。
150mからの巻き上げ。。。なんと長く感じることか。
ばれないでねぇ~ (・。・;
マルッチさんに無事にタモとりしてもらい、無事にゲット!

20140104_001

このオニで、初釣り満足感は格段にアップしましたね(笑)
この後も真剣に釣りしたのですが、アタリなく12時前に納竿です。

20140104_010

【本日の釣果】
オニカサゴ(2) 0.45キロ、0.9キロ
・レンコダイ(1) 35cm


乙浜港 海人丸
乗船料 10,000円 サバ半身付き
沖上がり後、うどんのサービス有り

交通費  3,300円 3人割間で割勘(横浜での駐車場代含めて)

20140104_007


【感想】
・いやぁ~初釣りで獲物をゲット出来て良かったです(^O^)/
 でも、アタリ3回だけだったから(^_^;)かなり渋かった。
 


今日は星3つってことで  ★★★


お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。



金沢八景発 坊主釣行記  

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

たー坊水産

Author:たー坊水産
横浜在住の週末アングラーです。
お気軽にコメント下さい。(本編の方に)
http://tabosuisan.asablo.jp/blog/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
鯛 (26)
鬼笠子 (18)
河豚 (19)
甘鯛 (17)
鱚 (10)
丸烏賊 (20)
鶏魚 (13)
赤鯥 (20)
鯵 (15)
平目 (5)
石持 (7)
槍烏賊 (11)
黄鰭・鰹 (10)
赤魳 (4)
アラ (5)
太刀魚 (8)
黒鯥 (3)
金目鯛 (2)
石鯛 (9)
稚鰤 (6)
貝割 (5)
赤魚鯛・目抜 (3)
鱸 (1)
真羽太 (1)
縞鯵 (1)
LT五目 (1)
LT深場 (3)
穴子 (1)
鯖 (1)
皮剥 (3)
ウィリー五目 (1)
沙魚 (1)
目張 (1)
泳がせ (1)
遠征釣り (1)
花鯛 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード