にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
topimage

2012-03

【2012/03/19】茅ヶ崎港 一俊丸 丸烏賊 - 2012.03.23 Fri

さ~って~ 勢いで行ってしまった初マルイカ釣行です。

オイラ週末漁師なので、あまり釣り物が増えても行く時間がとれないと思い
いままでイカ類は封印してきたんです。でも、家はイカ好きが多く(笑)
何故イカ釣りに行かないのかと言われ(笑)。。。
俺もイカ好きだし、今年はやってみようかとヤリイカの準備を始めたのが2月初め。
っで、2月からいろいろ忙しくやっと平日にお休みが取れることに。。。
さて、波、風みたら・・・洲の崎沖なんてとても無理だわな (>_<)
ヤリイカ単独デビューなんて考えていたんですが、自然には勝てません。
しかし、いったん釣りに行くモードになると行きたいのが釣りお馬鹿。
相模湾なら行けんじゃねーってなノリで準備もままならないまま行っちゃいました。

お世話になったのは、茅ヶ崎港 一俊丸さんです。
知り合いが行ったことがあり、とても親切な宿だとのことだったのでここにしました。
HPも、初心者に優しそうな宿の雰囲気だったし。
そ~ですよ~ 今日は超初心者ですから(笑)

20120319一俊船宿



今日の目標
(1)周りに迷惑をかけずにイカ釣りを体験できること。
(2)イカ釣りの入門ぐらいはわかること。
(3)あわよくば、竿頭 ウソウソ(爆) マル君の顔をみること。



イカツノ仕掛けの扱い方の感覚を覚えたい。
出来れば、マルイカのアタリを取ってかけたい
(なんかシャクッタラ乗ったってのではなくてね)


初めにイカ初心者として良くわからなかったこと。
1)ブランコがいいのか?直ブラがいいのか、直結はないわな(笑)
2)ツノの投入機は貸してくれるのか(これは宿に確認したらよいね)
3)スッテの配色は???釣りしている最中に交換する余裕はあるのか?
4)手巻きが良いのか、電動が良いのか?
5)誘い方は。。。ブランコと直ブラといろいろと違うのか?
6)サバ等などどれくらいいて、仕掛けが何組くらい必要なのか?
7)釣れたイカはどのように持ち帰るのか?



まぁ~初めての時に手馴れた人にサポートしてもらえば良いのですが(笑)
たまたま一人だったので、こんなことが頭の中を巡っておりました (^^♪

さて、前ふりが長くなりましたが・・・
一俊丸さんは、7時出船なので6時30分船宿到着を目指して、5時30分出発。
6時30分前に到着したのですが、既にみなさん船に乗ってスタンバイOKな状態です。
初心者が一番最後ですいません ^^;
番屋で受付をすませて、番屋の前に車を駐車出来ました。
荷物は軽トラで荷物は船まで運んでくれますので、竿だけもって3分ほど船まで歩きます。


船はとっても綺麗に掃除されていて本当に気持ちいい宿ですね。本当に綺麗です。
今回は、胴の間 船長 操舵室の真横です。事前に宿にマルイカ初心者であることを
伝えていたので、船長に釣り方を教わる手はずはバッチリです (^^♪


20120319一俊丸
【帰港時に撮ったもの】

■1)の疑問
今現在、相模湾では水深 60~80mくらいなので、ブランコが良いと言う方もいます。
オイラは、サバが嫌だったのもあって、直ブラにしました。
出来れば直結も体験したかったので、直結1組作ってきています。

■2)の疑問
一俊丸さんは、船に投入機(7連)が積んであり、船で貸してくれます。
一俊丸さんの投入機は7連装と言えばよいのでしょうか(笑)

■3)の疑問
正直なとこ、これは簡単に答えの無い話だと思いますが、経験の無い時は
船宿で売っている仕掛けを購入して使うのが良いと思います。今回は、
一俊丸さんで売っている直ブラ5本仕掛けを購入して使うことにしました。

■4)の疑問
水深が深いときは電動もありですね。実際、今回の船上では半数以上の方が
電動を使われていました。オイラは、手巻きを選択したけど、結構しんどかった。
一俊丸さんは、LTマルイカなのでPE1号を巻いていきました。


20120319本日のタックル


【本日のタックル】
・リール  okuma regina VR-100 PE 1号
・竿    Metaria Game 82 1.6m
・仕掛け  一俊丸特性 エロチカ7 5本直ブラ
・オモリ  40号(一応、50,30も用意してました)



20120319マルイカ朝船上


今回の釣り座セッティング。。。
左舷だったので、右側に竿置き。
電動を使っている人はロッドホルダー使っている人が多かったですね。
真ん中左寄り(投入機の横)足元にイカを入れるバケツ。
これも一俊丸さんのは工夫されていて使い易かったですよ。
そして左側にイカ投入機を設置。
勿論、真ん中は船べり、足元にも何も物を行い方が無難です(笑)


20120319マルイカ桶
【バケツは、中にプラカゴがセットされているが、1/3底が抜かれていて、イカが奥に入るように】

この配置だと、自分は真ん中で釣りをして、仕掛け回収時は竿を竿置きに置いて
船首側に背中を向けて仕掛けを取り込む体制になります。この日は前半風が強かったので
船首側を向いて仕掛けを取り込むと苦労したと思います。。。
っが、船首側向いて取り込んでいた人もいたなぁ~(笑)

さて、定刻の7時 左舷、7名 右舷 7名?のお客さを乗せて出船です。

あぁ~  初イカ。。。ドキドキ、ワクワクするねぇ~ (^^♪
この緊張感すきだなぁ~。

20120319始めのポイント



初めのポイントは二宮沖 70~80mだちです。
エンジンがスローダウンしたので、オモリを持って投入準備。
船長合図で一斉に投入します。

オモリを自分の前に向かってなげると・・・・


シュポッ。。シュポッ。。シュポッ。。シュポッ。。シュポッ。。


ラインにテンションがかかる前にリールのクラッチを切っておき、
道糸が送り出されると、竿を垂直に船べりに出して少しでも早く仕掛けが
落ちるようにします。ここだけ見たら、初心者ってばれてないじゃん(笑)

着底前に船長が顔を出して、釣り方の基本を説明してくれます。

1)着底後、糸ふけを取り2~3秒待つ
2)1m(日によって違う)ほど上げて待つ
3)50cmほど誘い上げて、もどす
4)底立ちを取り直して2)~3)を行う
4)2)~4)を3回程繰り返してアタリが無ければ、タタキを入れて見る
5)それでもアタリが無ければ10m程巻いて再度落としてみる


基本はこんな感じ。あとは、その日の状況によってタナの上げ幅を大きくするとか、
誘い上げて落とす時、ゆっくり落とすとかストンっておとすとかいろいろやって見て
その日のパターンを探すことになるみたいです。
こんなパターンも有効だよってアドバイスあれば、コメントしてね。

20120319朝景色1


さて、記念すべき第一投目は・・・・・
生物反応をまったく感じることなく、船長に教えてもらった釣りのイメージトレーニング。
船中もイカが取りこまれる気配がありません。
周りが釣れていて、自分が釣れないとあせるけど、周りも釣れてないから気が楽(笑)

北風が強くて、波も少しうねりがあって、竿先見ていてもアタリが全くわかりません(笑)
イカの反応はあるものの、直ぐに逃げてしまうみたいで、投入、回収の繰り返し。
オイラにとっては、取り込みの練習になるので良かったけどね。

20120319朝景色2



天気は良いし(風は強いけど)、寒くないから気分は良いなぁ~


そんな中。。。。。 10時30分頃


底立ちをとって、1m上げた時。。。。。。。。


ズゥゥゥゥゥゥゥ  っと軽く押さえ込まれた感じ。
軽く合わせると、グゥッグゥッグゥッって重さがかかりました (^^♪

慎重に巻き上げてきて・・・・・・・


ジャンジャカ~ジャ~ン  \(^o^)/



初マルイカ。。。ゲットです イエイ  (^^♪

20120319初マルイカ


アタリをとって釣ったというより、釣れた感が強いですが・・・
なにわともあれ、坊主脱出は精神的も良いので後の釣りが楽です。


このポイント、あまりに反応の逃げ足早く、活性が低いのか船中ほとんど釣れてません。
船長が移動を告げます。。。。
向かったポイントは茅ヶ崎のエボシ沖です。水深は60~75mくらいだったかな。


20120319マルイカ船団


このポイントにきてから、流し毎に船中何処かでマルちゃんが上がる様になります。

オイラの仕掛けにも


チョンチョン・・・・っのチョンで合わせるとオモミが乗りますっが ^^;


巻いている途中で直ぐにオモミが消えばれちゃった。。
スッテには、マルちゃんの足だけが置き土産として残ってます(笑)
合わせを強くいれすぎたのかなぁ~

それから、このチョンチョンにあわせてもマルちゃんがのることはありませんでした。
これが、みなさんのブログなんかで書かれているおさわりって奴ですね(笑)
本当にマルちゃんにからかわれているみたいで、今畜生ですね ^^;


しかし、チョンチョンやら、ノソーってもたれたアタリなんやが増えてきました。
マルちゃんの活性が上がってきたのかな。。。

ここまで、前半釣れた1杯と、タナを取った時にノソーってもたれたのをかけた2杯。
時刻は13時を過ぎようかといったところです。
この時点で、船中 頭は・・・10杯はいってない気がします。

しかし、だんだんマルちゃんの活性も上がってきます。

パシパシパシパシパシパシパシ・・・・タタキを入れた後。。。


竿先  フワァ~   竿に乗せるようにあわせを入れると・・・・


グゥッグゥッグゥッ ってオモミが乗ります。。。。


\(^o^)/  これかぁ~ フワァっと戻るアタリって。。。
これをかけると  

か・い・か・ん  って薬師丸ひろ子のこのフレーズしってるのって(笑)


それからは、マルちゃんの活性もあがってるので、フワァ~ってあたりに、


おりゃ~ ・・・・  スカッ ^^;


おりゃ~ ・・・・  グゥッグゥッ でも巻いている内にテンションが消えた(笑)


おりゃ~ ・・・・  グゥッグゥッ 今度はとったどぉ~


てな感じで、船長も20分延長してくれて3杯追加。。。
結局、どちらかと言うと釣れちゃった2杯とかけた3杯。。。計 5杯で終了。


船中 2~17杯


この日の状況なら検討したんじゃねぇ~ (^^♪
最後の1時間、手馴れた人ならソコソコ数伸ばせたような気がします。


20120319マルイカ釣果


本日の釣果
マルイカ  5杯



本日の反省など感想
マルイカって誘いを入れたりするから、リール左巻き、竿 右手の方が良いかと
思っていのですが(オイラ右利き)、70mから左手で巻き上げるの大変です^^;
それから、フワァ~っと戻るあたりに竿だけであわせてもバラシが多い気がして
竿であわせるのと同時にリールを巻き上げた方が確実な気がします。
だから、やっぱりオイラは右巻きの方が使い易いかも。

■5)の疑問
状況にもよるのでしょうが、ブランコで細かくたたきをいれてもスッテ動かないよね(笑)
直ブラと直結については、もう少し経験をつまないとわからないね~
って、当たり前だよね。。。まぁ~オイオイブログにも書いていきます。

■6)の疑問
この日は全然、サバがいませんでした。お隣さんには、2度程サバがかかってましたが、
上手く対処されていたので、仕掛けは無事のように見えました。
サバの具合にもよると思いますが、直ブラ、直結なら2組あれば十分かと思います。

■7)の疑問
まずは、港に帰港途中にイカを〆ました。ネット検索したら〆かた出てきます。
(何かで見たんだけど、実はイカ〆るの知らなかった。)
今回オイラは、クーラーに氷、イカはビニールに入れて氷に触れないようにしました。
まわりを観察してみると、クーラーにプラスチックのカゴを入れてイカを入れてる人や
でかいタッパにイカをいれてクーラーに入れている人など(沖漬けじゃなかった)
みなさん工夫されてますね。タッパに入れるのは、クーラーも汚れないし、
そのまま台所に持っていけるし便利だなぁ~って思いましたよ。


そうそう、釣りしている時、スッテを交換する余裕はありませんでした。
ってのも、購入した直ブラ仕掛けはスッテに糸を直接結んであるタイプだったので
交換しませんでした。そういった意味では、イカフックを使って仕掛けを
作った方がスッテを手軽に交換出来て楽しいかもしれません。


20120319スッテ
【右側 上から1番目・・・】

今回のアタリスッテ
・3番目 赤と黄色の2色  3杯
・1番目 1
・5番目 1


今日は釣れたマルイカの数は少なかったけど、イカ釣りっての感じがわかったし、
もちろん、周りにも迷惑かけなかったと思うし ^^;
アタリを取ってマルちゃん釣ることが出来たし、目標は全部クリア。

20120319茅ヶ崎海岸



そうそう、沖あがり後、船宿のおかみさんでもあるC.S.C.NAOMIEさんが丁寧に話を聞いてくれて
ちゃんと釣果速報のブログにインタビュー内容を書いてくれていました。
釣果自体もちゃんと聞かないで船長が適当に書く船宿もある中、ちゃんとしているなぁ~と感じましたよ。
釣果だけでなく、釣りに行って良かったなぁ~といろいろ感じさせるように努力されている宿でした。



今日は星3つってことで  ★★★



お手数ですが、コメント書いて頂ける優しい方は、本編の方にお願いします。
以下のurlからお戻り下さいね。


金沢八景発 坊主釣行記 















スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

たー坊水産

Author:たー坊水産
横浜在住の週末アングラーです。
お気軽にコメント下さい。(本編の方に)
http://tabosuisan.asablo.jp/blog/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
鯛 (25)
鬼笠子 (15)
河豚 (16)
甘鯛 (13)
鱚 (10)
丸烏賊 (15)
鶏魚 (11)
赤鯥 (14)
鯵 (13)
平目 (5)
石持 (6)
槍烏賊 (6)
黄鰭・鰹 (7)
赤魳 (4)
アラ (4)
太刀魚 (3)
黒鯥 (3)
金目鯛 (2)
石鯛 (5)
稚鰤 (4)
貝割 (4)
赤魚鯛・目抜 (2)
鱸 (1)
真羽太 (1)
縞鯵 (1)
LT五目 (1)
LT深場 (2)
穴子 (1)
鯖 (1)
皮剥 (1)
ウィリー五目 (1)
沙魚 (1)
目張 (1)
泳がせ (1)
遠征釣り (1)
花鯛 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード